【日本代表】「些細なことかもしれないけど…」興梠慎三が感じた世界との差

カテゴリ:日本代表

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年11月12日

ブラジル戦は「いろいろと勉強になりました」

基本技術を重視する興梠は、強豪国相手に勝利するには「勇気を持って、前から行かないと」と話す。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ブラジル戦翌日のトレーニングでは、スタメン組はランニング中心の軽めのメニューで調整し、その他の選手たちは6対6のミニゲームなどで汗を流した。
 
「ものすごく、疲れました」
 
 ブラジル戦で出場のなかった興梠慎三は、芝のついたスパイクを手に持ちながら取材に応じる。疲れたとはいえ、「1対1で負けない、攻撃では相手を剥がす、そういうのを意識してやってほしいと言われていて、すごく良いトレーニングができました」と充実の表情を浮かべる。
 
 完敗を喫したブラジル戦をピッチの外から眺めながら、「いろいろと勉強になりました」という。
 
「相手の個の能力は凄いものがあった。日本はチームで戦わなければいけない。ひとりの選手に対して、ふたりで挟み込むようなプレーがもっとできれば、もっと良い試合ができたはず。まだまだ差はあるのかなという気がしますね」
 
 具体的に興梠が感じた「差」とは?
 
「これを言ってはお終いかもしれないですけど、やっぱり能力ですよね。“止める・蹴る”。些細なことかもしれないですが、そこが違っていた」
 
 だが、その「差」を埋めていかなければ、ワールドカップで日本は勝つことができない。
 
「そう簡単にはできない。だからこそ、こういうトレーニングで激しさをもってやることが大切。削る、という意味ではありません。ファウルしないで激しく行くようなプレーを増やしていかないと」
 
 球際の勝負、デュエルでこれまで以上にアグレッシブさを表現し、そのなかで基本技術を正確にこなしていく。そうした地道な作業が、世界との差を埋めると興梠は考えているようだ。
 
 強豪国から勝利をもぎ取るためには、さらに積極的な姿勢を示す必要がある。
 
「高い位置でボールを取らないと、ブラジルのようなチームに対しては決定機が作れないと思う。そこで剥がされるとピンチになりますが、勇気を持って、前から行かないと」
 
 ジレンマはある。「やられないためには、後ろに引くべきだとは思いますが」。それでも、「勝利を目指すなら、前から行かないといけない」。もちろん、「時間帯によって、いかに(前から行くか、後ろに引くかを)使い分けるかが大事」になってくる。
 
 世界のトップレベルとの差を改めて痛感しているが、興梠の言うことは一貫している。ブラジル戦の前にも、J屈指のストライカーは「前で取れるところは行かないと、本当に何もできずに終わってしまう。前から取れる時は、みんなで連動していけたらいい」と語っていた。
 
 11月14日のベルギー戦に向けては、「やりがいのある相手。ブラジルとは違った強さがあるはず。楽しみにしています」と意気込みを口にした。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】前半だけで3失点...後半に槙野が1点を返すもブラジルに完敗

【欧州遠征PHOTO】日本対ブラジル戦に駆けつけた、熱いサポーターたちを激写!
【関連記事】
【日本代表】ハリル体制下32試合の戦績から浮かび上がる“ある真実”
「二面性」を見せたハリルジャパンがベルギー戦で解決すべきポイントは?
本田圭佑がブラジル戦の完敗に警鐘「差が縮まるどころか広がってると感じた」
【ブラジル戦|戦評】実力以前の問題。現在地を知る機会を自ら逸した残念な敗戦だ
【日本代表】興梠慎三が考える“何もできずに”終わらないための対策

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ