歪な国内リーグとU-17W杯に6万超の観衆。空前のサッカーブームに湧くインドの現実

カテゴリ:特集

佐々木裕介

2017年11月07日

インド国内にふたつのプロリーグが存在するワケ。

ISL(インディアン・スーパー・リーグ)では、毎試合多くの観客が入る。

画像を見る

 もし日本にふたつのプロサッカーリーグが存在していたとしたらどうなるのだろうか。「そんなことは有り得ない」と鼻で嘲笑うファンがほとんどだろうが、古き蹴球史を持つ、同じアジアの国では、その「有り得ない」と思うことが現実として起きている。南亜の大国、インドだ。
 
 インドサッカーを総統括する全インドフットボール連盟(以下、AIFF)はイギリス統治下時代の1937年に設立、独立翌年の48年にFIFAへ加盟した。また54年に設立されたAFCの創設メンバーでもある。
 
 そんな由緒ある組織であるAIFFが、リライアンス・インダストリーズ社(天然資源事業等を手掛ける国内最大企業)、IMG社(スポーツ事業を世界で展開する米系企業)、そしてスター・インディア社(インド最大のテレビメディア)の強力タッグを組んだ3社と一緒になり、新リーグ「インディアン・スーパー・リーグ(以下、ISL)」起ち上げを発表したのが2013年10月だった。
 
 しかし既存のプロリーグ“Iリーグ”も運営統括する立場のAIFFがISLを公認したことがより事を複雑にしてしまったのだ。
 
「Iリーグがインド唯一のプロサッカーリーグであり、ISLはカップ戦」というのがAIFFの言い分、背景には、今までインドサッカーを長らく支えてきたIリーグクラブのオーナーたちの面子を守る意図が見え隠れするのだが、実質は『ISL=トップ選手が揃うリーグ(実質1部)』『Iリーグ=主にISLでプレー機会のない選手が揃うリーグ(実質2部)』という住み分けになっているのは、誰もが認める事実なのである。
 
 しかし現場取材でインドサッカー関係者から聞いた話しによれば「今までは『インドサッカーの未来を考えているのが“Iリーグ”』『金儲けのことだけ考えているのが“ISL”』と誰もが思ってきたが、ここへ来て形成逆転した感は否めない」とも言うのだ。一番の要因は、ファンが“華やか”なISLを好んで注目し始めたことを無視できないことにあるようだ。
 
 FIFAが「一国一リーグ」を提唱する中でも動じなかったAIFFが、ファンの力に押し切られた格好である。運営側とファン側との感情に逆転現象が生じている状況に、AIFFも大きな決断を迫られていることは間違いないようだ。どちらにしても、インドの国内サッカーリーグ事情は非常に複雑な状況下にあることには変わりはない。サッカー権益を得たい国内の大富豪達の『代理戦争』とも言えるのだろう。
 
 そんな中で困惑しきっているのは、振り回されている選手かもしれない。昨季までは日程が異なっていた(ISL:10月~12月/Iリーグ:1月~4月)ことで、移籍を繰り返せば両リーグでプレーすることが可能だったが、今季からは同時期開催になりそのサイクルが不可能になった。しかし逆に言えば、今までは国内トップクラスの選手のみが独占していた環境を、ローカル選手へ経験の場が開放されたという見方もできる。インドサッカーの強化に繋がることには間違いないだろう。
【関連記事】
選手はVIP待遇、人身売買まがいの選手オークションも⁉ 現地で闘う侍に訊いたインドサッカーの真実
新シーズン開幕目前! インド・スーパーリーグには今回も懐かしの名手や指揮官が!
タイ2部へ渡った元日本代表DF。J1からのオファーを断って選んだ36歳の海外挑戦
弟は注目株の日本代表MF。ベトナムでのリベンジを期す井手口正昭に訊いたアジアの現実と家族のこと
現役アジアNo.1プレーヤーは誰? 英国人記者が候補者の中から1位としたのは…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ