ミランの「アディダス時代」が20年で終焉! 新メーカーはどこ?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年10月25日

すでに新メーカーと契約を結んでいる。

「3本ラインのロッソネーリ」は20年間に渡って続いたが、今シーズン限りで見納めとなる。(C)Getty Images

画像を見る

「3本ラインのロッソネーリ」は今シーズンで見納めとなる――。ミランは現地時間10月24日、『アディダス』とのテクニカルスポンサー契約を2017-18シーズン限りで打ち切ることで双方合意したと発表した。
 
 1990~92年にもアディダスと手を結んでいたミランは、93~98年の『ロット』を経て、1998年7月に再びアディダスと契約。以降、セリエA3回、チャンピオンズ・リーグ2回、クラブワールドカップとコッパ・イタリア1回など多くのタイトルを勝ち取ったロッソネーリのユニホームには、常に3本ラインが入っていた。パオロ・マルディーニ、アンドリー・シェフチェンコ、カカ、アンドレア・ピルロなど数々の名手、そして日本人初のミラン選手となった本田圭佑もそれを纏った。
 
 両社は2013年10月に2023年までの大型契約を結んでいたが、ミランが今年4月にベルルスコーニ家から中国資本にオーナーが変わったこと、またアディダスが同じセリエAの名門ユベントスと15-16シーズンから契約を結んだことなどを受けて、今回の契約破棄に繋がったと見られる。ミランは「アディダスにはこれまでに関係に感謝する」との声明を発表している。
 
 なお、併せてミランは来シーズン以降の新たなサプライヤーとすでに契約を結んでおり、来月には発表するとしている。
 
 これまで現地メディアでは『プーマ』、『ニューバランス』、『アンダーアーマー』などが候補に挙がっていると報じられてきたが、24日の『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙によると、すでにプーマと契約を結んでいるという。
 
 プーマはミランの守護神ジャンルイジ・ドンナルンマと個人契約と結んでおり、イタリア代表のサプライヤーも務めている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ