モンテッラ解任ならミラン新監督は「あの闘犬」か!?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年10月23日

内容的には悪くない試合も多いが結果が…。

結果を残せず立場が危うくなっているモンテッラ監督。内容的には悪くない試合も多いが……。(C)Getty Images

画像を見る

 ここにきて監督交代の噂が絶えないのが、セリエAの名門ミランだ。
 
 今年4月に中国資本となり、今夏は約2億ユーロ(約260億円)を投じて11人の新戦力を獲得する大型補強を慣行。しかし、序盤戦こそまずまずの結果を残したものの、直近6試合は1勝3敗2分けと停滞する。とくにセリエAは10月22日のジェノア戦のスコアレスドローによって4試合で3敗1分けと悲惨な成績に終わっており、9節を終えて9位タイに位置する。
 
 2年目のヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、怪我人が少なくないこともありメンバーとシステムを毎試合いじっているが、新戦力が多いこともあってコンビネーションが深化せず、いまだ最適解を見出せていない。内容的に悪くないゲームも多いが結果を残せていないのは事実で、まだ9試合だがノルマのチャンピオンズ・リーグ出場権(4位以内)とはすでに9ポイント差。その立場は確実に揺らいでいる。
 
 マルコ・ファッソーネCEOとマッシミリアーノ・ミラベッリSDの両首脳は、ここ数試合の結果で指揮官去就に関する決断を下すとの見方が少なくない。レオナルド・ボヌッチが前半で退場しながらドローに持ち込んだジェノア戦後には、『スカイ・スポーツ』などは「とりあえずモンテッラは留任」と報じているが、次節のキエーボ戦(10月25日)の内容と結果次第ではいつ解任となっても不思議はないという。
 
 では、その後任になるのは誰か。ここ1か月ほど挙がった名前は、フリーのカルロ・アンチェロッティ(元バイエルン)、マッシモ・オッド(元ペスカーラ)、ワルテル・マッザーリ(元ワトフォード)、パウロ・ソウザ(元フィオレンティーナ)、フース・ヒディンク(元チェルシー)、フランチェスコ・グイドリン(元スウォンジー)、ロラン・ブラン(元パリSG)、ルイス・エンリケ(元バルセロナ)から、現在は他チームを率いているアントニオ・コンテ(チェルシー)、マッシミリアーノ・アッレグリ(ユベントス)、ウラディミール・ペトコビッチ(スイス代表)マルチェロ・リッピ(中国代表)まで、枚挙にいとまがない。
【関連記事】
【現地発】「ミラン迷走」の主因は首脳陣だ! チームを信頼すべき時期にいらぬ叱責を…
【コラム】バロテッリはバロテッリのまま…イタリア代表復帰は夢で終わるか
ボヌッチのセクシー妻が「トップレス写真」をスクープされる…
大活躍の宇佐美貴史。試合直後にスウェーデン代表FWと口論に!?
“宿敵封じ”の長友佑都を伊メディアが称賛!「1対1で常に見事」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ