宇佐美がG大阪を退任する長谷川監督に伝えたいこと。「どんな形でも、もう一度…」

カテゴリ:海外日本人

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2017年10月14日

厳しさのなかに優しさ――。J1昇格、3冠、天皇杯連覇をともに達成。

1部昇格に向けて好スタートを切ったデュッセルドルフ。2ゴールを決める宇佐美は、徐々にチームにフィットしてきた。(C)Getty Images

画像を見る

 ブンデスリーガ2部のデュッセルドルフに所属するFW宇佐美貴史が、今季限りでG大阪を退団することを発表した長谷川健太監督に感謝の想いを語った。
 
 この夏のオフ、宇佐美が帰国した際には食事をともにする機会を設けてくれたという。まだアウクスブルクに在籍していた時だったが、ポジティブな言葉で選手を奮い立たせるのが持ち味の指揮官らしく、「海外に2度行けるだけでも特別な選手。自信を持っていけ」と背中を押されたという。
 
 「厳しい言葉をいろいろもらった。でも厳しさのなかに優しさがある。一緒にやっていた間、必ずタイトルを獲得していたので思い出も深いです」
 
 帰国後の13年はJ2優勝、そして14年はJ1、ナビスコカップ(現・ルヴァンカップ)、天皇杯の3冠を達成、15年も最後に天皇杯を制した。長谷川監督の下、宇佐美が在籍した全シーズンで主要タイトルを掴んできた。
 
「『楽しみにしているぞ』と言ってくれたので、まず僕はピッチの上で結果を残すこと。ただ、この先いつか、健太さんにどんな形でもいいから、もう一度、恩返しをしたいです」
 
 宇佐美はそのように日本の恩師への想いを語った。ふたりには言葉を越えたところでつながる、強い絆があるようだった。
 
 シーズン開幕後の移籍期間ぎりぎりの8月30日に宇佐美はデュッセルドルフへ移籍。そのチームは8節を終えて、7勝1分1敗で2部首位に立つ。14日には4位のビーレフェルトとアウェーで対戦する。

 チームが勝ち続けていることもあり、宇佐美は先発出場の機会をなかなかつかめずにいる。そのなかで、強烈なインパクトを残す2ゴールを決めている。「焦り? いや、そういうのはありません。チームが勝てているのは良いことですし、1年間、ほぼ試合から遠ざかっていた現実もある。ここからです」と足元を見つめ、突き抜ける時に備えて刃を研ぎ澄ます。
 
取材・文:塚越 始

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ