【松木安太郎】正直がっかり…まるでコンセプトが見えない、実りのない2連戦だった

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年10月11日

選手たちがまったく、ひとつの方向を向いていなかった。

劣勢に立ってから急に主力を投入した。ハリルホジッチ監督の困惑が手に取るように分かった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ2017]日本 3-3 ハイチ/10月10日/日産スタジアム

 残念のひと言だね。最終的に3-3で引き分けたけど、内容は散々だった。まるでチームコンセプトが見えなかったよ。
 
 ハリルホジッチ監督は「出場機会の少ない選手を起用する」と宣言して、その言葉どおりにガラッとスタメンを変えた。ただ、ハイチに勝つための戦術を選手たちに落とし込めなかったんじゃないかな。
 
 序盤で2点を取った時は、「これは5、6点入るな」と思ったけど、そこから日本は急激に失速したよね。2点リードしているのに、相手が前に出てきたらあたふたしてしまったんだ。
 
 2点差があれば、当然やり方もいろいろある。かさにかかって3点目を奪いに行ってもいいし、引き気味にブロックを敷いて相手を引き込み、奪ったら素早くカウンターを狙うのもありだ。
 
 ハリルホジッチ監督はリアクションサッカーの信奉者。おそらく、ハイチ戦でも堅守速攻をコンセプトにしていたんだろうけど、ピッチ上のパフォーマンスからはまったく意思の疎通を感じなかった。「あれあれ?」と言っている間に3失点……。正直がっかりだったよ。
 
 失点はいずれも守備の甘さが原因だよね。1失点目は中盤の戻りが遅れていたし、サイドバックの絞りも甘かった。2失点目は簡単にクロスを上げさせてしまい、3点目のミドルも寄せ切れていなかった。例えば、8月のオーストラリア戦では、あんなシーンは一度もなかったよ。
 
 もちろん、選手にも責任はある。でも、監督経験者として言わせてもらえば、指揮官の準備不足のほうが大きかったと思うな。ハリルホジッチ監督は、「ハイチの情報は少なかった」と言っていたけど、昨日の試合はそういう次元じゃない。選手たちがまったく、ひとつの方向を向いていなかったんだから。
 
 ハリルホジッチ監督が率いた日本代表のベストゲームは、ワールドカップ出場を決めたオーストラリア戦だと思っているんだ。あの試合では、全員がしっかりとブロックを作って守りを固め、相手に何もさせなかった。そのうえで、ミスを見逃さずにボールを奪い、一気に加速してゴールに迫っていた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ