【岩政大樹の視点】気になったのは組み合わせ。個の特長は見せたが、チームとして機能していたのか?

カテゴリ:日本代表

岩政大樹

2017年10月07日

試合がどうも一本調子に。

途中出場で攻撃のリズムに変化をつけた小林は、ハリルホジッチ監督の目にどう映ったのか。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ2017]日本2-1ニュージーランド/10月6日/豊田スタジアム

 ニュージーランドが高いモチベーションで激しい守備で挑んできたことから、選手の見極めや組み合わせという点では良いテストになったのではないでしょうか。総じて、個人にはポジティブな評価がなされたと思います。
 
 スタメンで新たにテストされたのは、槙野智章選手、武藤嘉紀選手、ここ最近は少しベンチを温める機会が多かった久保裕也選手を加えても限られたメンバーに抑えられましたが、いずれも決して悪くないアピールができたと思います。
 
 特に、槙野選手にとっては久々にして大きな意味を持つ試合だったと思いますが、落ち着いた90分を披露しました。今年は所属クラブで少しスランプとも言えるようなシーズンを過ごしましたが、先のACLでフッキ選手と対峙して本来のリズムや闘争本能を思い出したのか、バランスがまた整ってきたように見えます。サイドバックとしてもプレーできる強みがありますし、本大会のメンバー入りに一歩前進といったところでしょうか。
 
 武藤選手も相手が3バックであったことも相まって、斜めのフリーランニングで幾度となく存在感を示しました。ゴールこそありませんでしたが、彼の色は随所に見えました。
 
 ただ、気になったのは組み合わせの問題です。左サイドはこれまで、原口元気選手や乾貴士選手、あるいは宇佐美貴史選手といったボールを持ってからも特長が見える選手が起用されてきました。
 
 武藤選手ももちろん仕掛けがひとつの特長の選手ですが、武藤選手の場合はよりフォワード気質で、割合としてボールを受ける前に勝負を仕掛けることが多いです。これは右サイドで久保選手や浅野選手がやっていることと少し似ていて、この試合の前半では両サイドが同じような動きを繰り返しているように見えました。
 
 それ自体は決して悪いことではないのですが、それによって香川選手が組み立てに参加するためにポジションを下げていたり、長友選手が上がる時間をチームとして作れなかったりして、試合全体がどうも一本調子に見えました。武藤選手は同じ左サイドのライバルたちとは、また違う特長を見せられたと思いますが、ハリルホジッチ監督がチーム全体の戦いをどう捉えたのかは興味深いところです。
【関連記事】
【日本2-1ニュージーランド|採点&寸評】お粗末な90分間…倉田の代表初得点が数少ない収穫に
【セルジオ越後】サバイバル感が全く伝わらない。良かったのはチケットが完売したことくらいだね
【釜本邦茂】とにかくシュートが下手! 乾の技術に可能性は感じたが、アピールに成功した者は…
金田喜稔がニュージーランド戦を斬る!「本番を想定していない試合はもうまっぴらだ」
「中村俊輔のようなキッカーが不在で、そもそも直接FKがない…」と嘆いたハリル。本番までに解決策は?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ