「学君を勇気づけられたと思う」横浜が19歳・遠藤渓太のJ1初ゴールでG大阪を突き放す!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年09月30日

終盤はG大阪が攻勢に出るも…。

横浜の山中(左)とG大阪の倉田が競り合う。写真:川本 学

画像を見る

[J1リーグ28節]G大阪 1‐2 横浜/9月30日/吹田S

 横浜が19歳・遠藤渓太のJ1リーグ初ゴールでG大阪を突き放した。

 試合が動いたのは後半。まずは51分、横浜はマルティノスのクロスに反応したウーゴ・ヴィエイラがテクニカルなシュートを決めて先制する。

 しかしG大阪も反撃。78分、初瀬亮からのクロスが相手DFに当たって高く上がると、これをFW長沢駿が頭で叩きつけ、ゴールネットに突き刺す。G大阪が同点に追いつき、さらに攻勢に出る。

 しかし、最終盤に再びスコアを動かしたのは横浜だった。89分、横浜は波状攻撃からマルティノスが強烈なシュート。これはGK東口順昭に阻まれるものの、遠藤がいち早く詰めてゴールに押し込んだ。

 試合はこのままタイムアップ。横浜が2-1とG大阪を下し、4試合ぶりの勝利を手にした。横浜は勝点を51に伸ばしている。

 遠藤は自身のJ1初ゴールを振り返り「自分が久しぶりに出た試合で獲れたのも嬉しいし、怪我をしてしまった学君を少しでも勇気づけられたと思う」と語り、続けて「学君が試合を見ていたら、今日のプレーじゃ怒られると思うし、出てない人の分までしっかり戦わなければいけないと思います」と、全治8か月の大怪我を負ってしまった齋藤学への想いを口にしていた。
【関連記事】
【磐田】「蹴る瞬間まで…」名手・中村俊輔がCKで重要視すること
甲府の吉田監督が古巣柏からの劇的勝利に「内容では10対0かもしれないが…」
【現地発】「ネイマール孤立」の舞台裏…なぜパリSGで味方がD・アウベスだけに?
鹿島の代表CBコンビから決勝点の福田「小さくてもヘディングで決められると証明できた」
FC東京、磐田ともに決定力を欠き、スコアレスドローで勝点1を分け合う

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ