7割以上のボール支配許すも… 鳥栖のイタリア人指揮官は浦和相手の2-2ドローに満足せず

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年09月23日

「もう少し前半のチャンスを生かせていれば…」

浦和の遠藤と鳥栖のイバルボが激しい競り合いを演じる。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

[J1リーグ27節]浦和 2-2 鳥栖/9月23日/埼玉

 浦和が武藤の同点弾で追いつき、ホームで引き分けに持ち込んだ試合は、鳥栖にしてみれば勝てる試合をみすみすドローにしてしまったという印象が強かったようだ。

 鳥栖のイタリア人指揮官、マッシモ・フィッカデンティ監督は試合を振り返り、「浦和のようなクオリティの高いチームと戦う上で重要な一つひとつのボールの競り合いでは激しくできていたが、残念ながら、いまひとつ前半のチャンスを生かせなかったことで、結果的に同点で終わってしまったように思う」と語り、浦和相手のドロー決着を良しとはしなかった。

 試合は、開始1分にU‐20日本代表の田川亨介が豪快な左足のシュートを決め、鳥栖が先制する。その後は、浦和に圧倒的にボールを支配されたものの、鳥栖もビクトル・イバルボを軸にカウンターで反撃。35分には原川力が決定的なシュートを放つが、これはポストを直撃してゴールならず。鳥栖はいくつかの決定機を逃して前半を1点リードで折り返した。

 後半に入り、74分にCKからマウリシオに頭で押し込まれ同点とされるが、鳥栖は80分に再び田川がGK権田修一からのロングフィードに抜け出し、勝ち越しゴールを決める。

 しかし、鳥栖はこのゴールを守り切れず、85分に浦和の遠藤航のクロスから武藤雄樹に押し込まれ、再度同点に追いつかれてしまう。最後は危ない場面もあったが、引き分けで終えた。

 最終的に、ポゼッションでは浦和73%、鳥栖27%と大きく水を空けられた試合となったが、フィッカデンティ監督が語るとおり、比較的流れの良かった前半に、リードを広げられなかったことがドロー決着につながったと言える。

 フィッカデンティ監督は「次のことだけを考えて準備したい」と語り、ピッチを後にした。
【関連記事】
自分のゴールと思わず「俺の? 俺のか」 中村俊輔が語った決勝FK弾の真相
昨季シンガポールリーグMVPの日本人FWが覚醒か!? 新潟が切り札の2発で札幌とドロー
武富の誕生日弾などで柏が4-1快勝!安間新体制のFC東京は守備が崩壊…
劇的なAT弾2発で広島が勝点3!清水は鄭大世の反撃弾が実らず…
稲本潤一が約1年3か月ぶりの公式戦復帰! 右膝の大怪我を乗り越え3季ぶりにJ1のピッチへ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ