武富の誕生日弾などで柏が4-1快勝!安間新体制のFC東京は守備が崩壊…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年09月23日

前線からのタイトなプレスが奏功。

先制点をねじ込んだ武富が喜びを爆発させた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ27節]柏4-1FC東京/9月23日/柏
 
 J1リーグ27節の柏対FC東京が23日、日立柏サッカー場で行なわれ、柏が4-1で勝利した。
 
 柏は前線からの激しいプレスで試合のペースを掴むと、28分に武富孝介が先制点を挙げる。高い位置でボールを奪ったキム・ボギョンがゴール前にパスを通し、これを受けた武富が左足でミドルを沈めた。
 
 1点のリードを得たホームチームは、60分に伊東純也がクロスをヘッドで沈めて追加点。さらに67分に再び武富、69分にはクリスティアーノがFKを沈め、一気に試合を決めた。
 
 今日が27歳の誕生日だった武富は、これでシーズン9ゴール。「両親が見に来てくれていて、こういう時にたまには恩返しできて良かった」と自身の2ゴールを喜ぶとともに、「ふた桁取りたいと思うが、チームが勝つためにプレーしたい」と次の勝利を見据えた。
 
 対するFC東京は、失点後に攻撃のギアを上げたものの、75分にピーター・ウタカのPKで1点を返すのが精一杯だった。課題の守備が崩壊し、前々節・C大阪戦と同スコアの1-4で敗れている。前節の仙台戦から安間新体制になったFC東京だが、まだまだ守備の整理は進んでいないようだ。

【柏4-1FC東京 PHOTO】バースデーゴール2発を決めた武富、「自分の顔」まみれの祝福を受ける!
【関連記事】
【柏】東京五輪世代最速。20歳CB中山雄太が達成した通算1089人目の記録って?
中村俊輔がJ1で24発目のFK弾! 低い弾道でサイドネットを射抜き決勝点に
劇的なAT弾2発で広島が勝点3!清水は鄭大世の反撃弾が実らず…
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?
ボヌッチのセクシー妻が「トップレス写真」をスクープされる…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ