「罰金だって? PSGは高笑いしているよ」 ドルトムントCEOが皮肉を込めて大胆提案!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年09月23日

「もちろんUEFAが決めることだけど…」と前置きしつつ。

パリSGのアル・ケライフィ会長とネイマール。史上最高のビッグディールに対してUEFAが嫌疑をかけ、いまだ調査を進めている。(C)Getty Images

画像を見る

 ボルシア・ドルトムントのCEOであるハンス=ヨアヒム・ヴァツケ氏が、UEFAの裁定に疑問を呈した。
 
 今夏にネイマールを史上最高額の移籍金、2億2200万ユーロ(約280億円)で獲得したパリ・サンジェルマン。そのビッグディールについて、UEFAがファイナンシャル・フェアプレー(FFP)抵触の可能性ありと判断し、目下調査を進めている。
 
 もし規約違反と断定されれば、最悪の場合、パリSGは来シーズン以降のチャンピオンズ・リーグをはじめとした欧州カップ戦から締め出される。ただ、大手メディアやUEFA関係者はさすがにそこまでの厳罰は与えないのではないか、罰金のペナルティーを課すのが妥当だと見ている。
 
 この風潮に対して、「甘すぎる!」と待ったをかけたのがヴァツケCEOだ。「もちろん最終的にはUEFAが決めることだが」と前置きしつつ、持論を展開した。
 
「彼らに罰金を払わせる? まったくのナンセンスだ。いまごろPSGの経営陣はカタールで高笑いしているよ。痛くも痒くもないだろうからね。もし違反が認められて再犯防止を考えるなら、(チャンピオンズ・リーグでの)ポイント剥奪が最良の選択じゃないのかね」
 
 さらにドイツ人CEOは、オーナーサイドの広告出稿費についても、確固たるルールがないと主張。明らかに過剰なスポンサーフィーが供与されているとクレームを付けた。
 
「相変わらず根深い問題だ。PSGはカタールから、1億ユーロ(約127億円)近くの広告収入を得ていると聞く。明らかにおかしな額だ。これについてはUEFAがしっかりとしたルールを作らなければいけない」
 
 2014年のパリSGに対するFFP調査で、UEFAは「カタール観光機構」の出稿費が実際の相当額の倍近くに設定されていると勧告した。スポンサーフィーが今回の調査対象となっているかどうかは判然としていない。
 
 なにもかもが高騰化している昨今の移籍マーケット。ヴァツケCEOは皮肉交じりにこう話して、警鐘を鳴らした。
 
「この夏、我々は(ウスマンヌ)デンベレをバルセロナに売却した。そこで得た収入を、なぜ惜しみなく代役の確保に回さないのかと、あれこれ言われたよ。1億ユーロを超えるカネを、ひとりの選手獲得に使うなんて……。普通じゃないだろ。馬鹿げた考えだ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ