• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】浦和1-2柏|柏の"超"重量級攻撃陣に高評価。一方、4-1-4-1採用の浦和は…

【J1採点&寸評】浦和1-2柏|柏の"超"重量級攻撃陣に高評価。一方、4-1-4-1採用の浦和は…

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2017年09月09日

浦和――再びカウンターから瓦解。遠藤と阿部のCBをはじめ、守備陣は厳しく採点。

【警告】浦和=なし 柏=小林(24分)、鎌田(89分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ディエゴ・オリヴェイラ(柏)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
浦和 5
 阿部がクリスティアーノ、遠藤がディエゴ・オリベイラにマンマークでつく形で、堀監督が2011年や浦和ユース監督時代に愛用していた4-1-4-1システムを今季初めてスタートから採用した。守備のバランスを考慮しつつも、R・シルバ&高木がサイドハーフを務めるという攻撃にも厚みをもたらす布陣だ。

【浦和 1-2 柏PHOTO】柏がブラジル人トリオを並べた攻撃的布陣で勝利
 
 ただ30分からの興梠、矢島、再び興梠と三度連続で訪れた決定機をモノにできなかったことがあとあとに響いてしまう。逆に後半は相手に主導権を握られ、またもカウンターから失点を与えた。見え出していた全体のバランスが崩れてしまい、改めて修正が必要に。8位まで後退し、わずかに可能性のあったリーグ優勝は絶望的に……。

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 5
強力攻撃陣に対し、あまり飛び出さずゴール前で対応。しかし最初の決定機を決められた。ビルドアップやキックでも魅せられず。残念ながら、柏のGK中村との差を感じさせられてしまう内容に。

DF 
46 森脇良太 5
ハイプレスや高い位置での味方へのフォローからボールを収め、30分の決定機などチャンスを作り出した。ただ守備面では後ろを突かれると、必ずと言っていいほど後手を踏んだ。

6 遠藤 航 4
ディエゴ・オリベイラにマンマークでつきながら、思い切って攻撃参加した際にはビッグチャンスを演出。しかしカウンターから振り切られ、またも失点に絡んでしまった。彼らしい思い切りが感じられないのが気になる。
 
22 阿部勇樹 4.5
CBとして先発。カウンターで止めきれず、さらに伊東にかわされるなど、アジリティを欠いた。

5 槙野智章 5
シュートブロックは見せたが、全体的に守備面での貢献度が低い。もう少し球際に強く当たりにいきたい。リードされたあとは前線に居残ったが、チームはカウンターの餌食になった。前体制に続き、捨て身の攻撃参加の特権が与えられるのだろうか。

MF
16 青木拓矢 5.5
中央のスペースを埋めながら、最終ラインからパスを受けて前線に繰り出す舵取り役に。青木の高い身体能力を守備力があってこそ、前半はこのポジションをこなせていた。ただ、後半はタフで経験値のある大谷に次第にイニシアチブを握られた。

【関連記事】
浦和サポーターから痛烈ブーイング。阿部勇樹が語った新布陣のジレンマ
【浦和】13日のACL川崎戦は「総力結集デー」バス無料、当日券値下げ!
【浦和】同点弾の興梠慎三が苦言「若手はもっと頑張れ」
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?
衝撃のカウンター! 柏がブラジル人3トップの個の力で浦和を下す

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ