【釜本邦茂】「ひとりで点が取れる」杉本が面白い! 本田の起用法は考えたほうが…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年08月24日

長谷部の復帰は心強い限り。中盤を引き締めてくれる。

釜本氏が太鼓判を押したのが、初招集の杉本。オールマイティーなFWと期待を寄せる。写真:川本学

画像を見る

 日本代表27名のメンバーが発表された。個人的にはサプライズと言えるような人選はなかったと感じているし、順当と言えば順当だ。「コイツを選んでないのはおかしい!」というような選手もいないわけで、ハリルホジッチ監督が考えるベストメンバーなんだろう。
 
 その中で注目したいのは、セレッソの杉本(健勇)だ。大迫(勇也)が怪我明けだと聞くし、万全の状態でオーストラリア戦に臨めないかもしれない。杉本は個人的にはけっこう気に入ってるんだ。
 
 なにより、ゴール前で頑張れる。どんな状況でもしっかり点に絡んでいけるというか、周りとのコンビネーションでも行けるし、自分で持ち込んでも行ける。そういうひとりで点を取れる選手って、いまのJリーグにも日本代表にもなかなかいないからね。

 ボールが来たら決められる、パスに合わせて点を取る。そういう巧さのあるストライカーはおるけど、強さがあって、自分で止めてかわして決めることができる選手は貴重だ。いきなり使っても案外できるかもしれないよ。
 
 中盤では、長谷部(誠)の復帰が心強いかぎり。大事な2試合を前に彼の安定感というのは絶対に欠かせないものだし、中盤をグッと引き締めてくれるだろう。今回は今野(泰幸)が外れたね。ということは、長谷部と山口(蛍)の2枚(2ボランチ)で行くということだろう。
 
 復帰した柴崎(岳)にも期待はしたい。でもどれくらいぶり? 2年近く? ボランチなのかトップ下なのかは分からないけれども、中盤は前線と違って、精神的なところでかなりの責任と重圧がかかってくる。味方を鼓舞するような振る舞いをしなければいけない。とくにこういう大一番では、なおさら求められる資質だ。はたして久しぶりに合流する柴崎にできるのかどうか。トップ下なら香川(真司)が健在なわけだから、いきなりスタメンはないんじゃないかな。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】オーストラリア戦はハリルの度胸が試される。先発で杉本を使うべきだ
豪州代表が抱えるひとつのジレンマ「日本戦を前に答を出さなければいけない」
【豪州戦のスタメン予想】注目はトップ下を含む前の4人。杉本にチャンスがあるとすれば…
日本代表に柴崎岳が約2年ぶりの復帰! W杯予選に向け27名の招集メンバーを発表
ハリル監督、メンバー選考基準を改めて強調「名前だけでは呼ばないと…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ