【番記者通信】ダービー完敗で湧きあがる疑念|マンチェスター・U

カテゴリ:メガクラブ

マーク・オグデン

2014年04月01日

プレミアリーグ発足以降で最悪のシーズンに。

金満と揶揄するシティに負けず劣らず、強化にカネを使っているユナイテッド。ダービーの完敗は、それだけに深刻だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 マンチェスター・シティとのダービーマッチは、屈辱的な敗北に終わった。ホームで0-3の完敗。内容的にもシティに大きな力の差を見せつけられた。

 1992-93シーズンにプレミアリーグが発足してからの21年間で、ユナイテッドの勝点がもっとも少なかったのは、96-97シーズンの75。シティに敗れたその瞬間、この勝点の最低記録を塗り替えることが決まった。残りの試合に全勝しても勝点は72。プレミア発足以来、最悪のシーズンとなったわけだ。ちなみに、勝点75の96-97シーズンは優勝している。

 ダービーマッチでのユナイテッドは、まさに目も当てられない有り様だった。開始わずか43秒で先制され、その後も相手に主導権を握られっぱなしという体たらく。シティの選手たちは最高のパフォーマンスを見せる必要もないまま、易々と勝点3を手にした。誇り高き赤のユニホームを着るに相応しいプレーを見せたのは、ウェイン・ルーニーとダビド・デ・ヘアくらいのものだった。

 敗因は、どこにあったのか?

“金満”シティとの差は、はたして資金力の差なのだろうか。ダービーマッチで先発した選手の移籍金の総額は、ユナイテッドが2億870万ポンド(約334億円)。対するシティは、1億8820万ポンド(約301億円)で、補強にカネを使っていたのは意外にもユナイテッドのほうなのだ。これは看過できない事実である。

 今夏の市場では、デイビッド・モイーズ監督に1億5000万ポンド(約240億円)の補強費が手渡されるという。しかし、そんな莫大な資金を投下したところでシティに追いつけるのか。ダービーの完敗を振り返り、そんな疑念が湧いてきた。

【記者】
Marc OGDEN|Daily Telegraph
マーク・オグデン/デイリー・テレグラフ
英高級紙で最大の発行部数を誇る『デイリー・テレグラフ』のユナイテッド番を務める花形で、アレックス・ファーガソン前監督の勇退をスクープした敏腕だ。他国のサッカー事情に通暁し、緻密かつ冷静な分析に基づいた記事で抜群の信頼を得ている。

【翻訳】
田嶋康輔
【関連記事】
【番記者通信】生贄にされたクレバリーの暗転|マンチェスター・U
【番記者通信】モイーズに運命のホーム3連戦|マンチェスター・U
【番記者通信】このままでは香川は売却か|マンチェスター・U
【移籍市場超速報】マンチェスター・Uが精力的な視察
【香川密着・第1回】ハットトリックから1年、香川の現在地

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ