【J1採点&寸評】横浜 1-0 鳥栖|攻守両面で存在感を放った横浜の左SB。2CBも堅牢な守備を構築

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年08月13日

横浜――先制点をお膳立てした山中は、イバルボをシャットアウト。

【警告】横浜=山中(87分) 鳥栖=藤田(40分)、高橋(59分)、福田(80分)、イバルボ(90+4分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】山中亮輔(横浜)

画像を見る

[J1リーグ第22節]横浜 1-0 鳥栖/8月13日/ニッパツ三ツ沢球技場
 
【チーム採点・寸評】
横浜 6.5
珍しく前半に先制する上々の入り。ただ、時間の経過とともにポゼッションで上回られ、押しこまれる苦しい内容だった。それでも今のチームには守り切る粘り強さがある。自慢の堅守で3試合連続完封勝利となった。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
21 飯倉大樹 6
15分の田川の決定的なシュートをビッグセーブ! しかしキック、キャッチングともに不安定さが否めなかった。
 
DF
27 松原 健 6
状況をしっかりと把握し、攻守のバランスを崩さず。72分には左から流れてきたボールをシュートしたが、GKにキャッチされた。
 
22 中澤佑二 6.5
イバルボ、田川らの勢いに押され気味になる時もあったが、要所は締めてクリーンシートを達成。終盤の敵のパワープレーにも屈しなかった。
 
34 ミロシュ・デゲネク 6.5
不用意にスペースを空けず、相手の攻撃を確実に撥ね返す。中澤とのコンビで堅牢な壁をゴール前に築いた。
 
MAN OF THE MATCH
24 山中亮輔 6.5
思い切りの良いシュートがH・ヴィエイラの先制点につながる。天野や齋藤、扇原と息の合った連係を見せ、後半は同サイドでプレーするイバルボをシャットアウト。攻守両面で存在感を放った。
 
MF
5 喜田拓也 6
前節に続き、スタメン出場。中盤で厳しく相手を潰しにかかる一方、スペースへの飛び出しで攻撃に厚みをもたらす。
 
6 扇原貴宏 6.5
自陣エリア内の守備で遅れを取るシーンもあったが、中盤の深い位置でのパス捌きは安定しており、随所で味方を助けた。
 
20 マルティノス 5.5
クロスは精度を欠き、プレーがやや雑になる場面も。不必要なファウルもあり、カウンターのキレも悪かった。
 
14 天野 純 6
素早い攻守の切り替えで敵の背後を突く動き出しは悪くなかった。18分の好位置からのFKは惜しくも決められなかった。
 
10 齋藤 学 6
左サイドで起点。藤田と見応えあるマッチアップを繰り広げながら、緩急をつけたドリブルを披露。81分の左足シュートは決めるべきだった。
 
【関連記事】
【横浜】後半戦は台風の目になる!? ここ10試合負けなしの強さのワケは?
ノーゴールに苦しむ齋藤学に鄭大世が持論を展開。「取れる時は必ず来る」とエールも
【鳥栖】「速かったですね、あの子」。GK権田が思わず唸ったアタッカーは?
【鳥栖】セリエAで揉まれたイバルボという男の本質。いまだ無得点も周囲の信頼を得る理由
横浜の美女チアリーダー『トリコロールマーメイズ』を一挙に紹介!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022 Jリーグ総決算!
    11月26日発売
    2022 J.LEAGUE
    総集編
    J全58クラブの
    1年間の激闘を収録!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 森保ジャパン、躍動!
    12月8日発売
    日本代表・激闘録
    切り開いた“新時代”
    恒例のJ移籍特集に
    欧州組カレンダーも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.37
    12月6日発売
    冬の決定版!
    高校サッカー
    選手権名鑑
    出場全48校&選手を徹底網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ