【総体】"静学"撃破は番狂わせじゃない!8強入りした旭川実の攻撃力は要チェックだ

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2017年07月31日

積雪が多い12月から3月は、積極的に道外へ出て強化試合を実施。

この西村の先制点を皮切りに、旭川実は3点を奪った。写真:森田将義

画像を見る

「どんな相手でも、守って凌ぐ試合をするつもりはない」
 
 富居徹雄監督がそう胸を張ったように、旭川実が日本一の経験を持つ静岡学園に攻め勝ち、同校の最高成績を塗り替えるベスト8進出を果たした。

【インターハイPHOTO】青森山田が敗れる・・前橋育英、市立船橋、流経大柏らがベスト8進出! 

 結果だけを見れば番狂わせに見えるかもしれないが、試合内容は旭川実が勝つべくして勝った試合だった。序盤こそ、緩く入った守備の隙を突かれ、開始2分に先制点を許すも、すぐさま反撃を開始。ボランチのMF中里颯汰を起点にパスをつないで、攻撃のリズムを作ると、「彼らが仕事しないと始まらない」と富居監督が信頼を寄せるMF中田怜治とMF山内陸の両翼に配球し、ふたりの突破からチャンスを作った。
 
 最初のチャンスは、9分。中田が持ち味のスピードを活かした突破で右サイドを破ると、ゴール前に走り込んだFW西村歩夢が右足で合わせて、同点に追いつく。19分には山内が強引にペナルティエリア左へ進入した所を倒され、PKを獲得し、中里が冷静に決めて逆転に成功。後半も攻撃の勢いは衰えず、64分には中里を起点としたカウンターから右サイドを崩すと、最後は途中出場のFW金野修那が3点目をマーク。アディショナルタイムに1点を返されたが、最後まで攻撃的な姿勢を貫いた完勝と言えるゲームだった。
 
 ゴールラッシュは決して偶然ではない。「全国でも自分たちのサッカーが通用することが分かった」と中里が胸を張ったように、今大会はここまでの3試合で10得点を記録している。全国でも他を圧倒するほどの攻撃力は一朝一夕ではなく、4年前の2013年から準備をしてきたものだ。
 
 12年に、プレミアリーグに初参戦した旭川実は、残留も目指し、守備を重視した戦いを志向したが、1勝も奪えず。1年でのプリンス降格を余儀なくされた。「プレミアに戻りたい。プレミアで勝点を積み上げられるために、どうすれば良いかを考えた」。そんな想いを強くした富居監督が力を入れたのは、攻撃力の向上だった。
 
 元々、道内では攻撃に定評があるチームだったが、よりテクニックと判断にこだわり、練習の質を高めてきた。積雪が多い12月から3月は、積極的に道外へと出向き全国の強豪と試合を重ねた。

【インターハイPHOTO】青森山田が敗れる・・前橋育英、市立船橋、流経大柏らがベスト8進出!
【関連記事】
【総体】冬のリベンジなる! 前橋育英はいかにして選手権王者を撃破したのか
【総体】16強の壁を破る千金弾!長崎総科大附・安藤瑞季の決定力は、やはり別格だ
【総体】市船のエースは俺だ! 2戦連発の福元友哉が示す「プロへの想いと不退転の決意」
【総体】CBなのに驚愕のハットトリック! 流経大柏の関川郁万がさらにスケールアップ!
【総体】ベスト8決定! 青森山田敗れる、千葉勢2校は今年も強さを見せる

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ