【J1採点&寸評】清水1-0甲府|辛抱強く勝機を探った清水のセンターラインを高評価。指揮官は200勝目

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年06月26日

清水――破たんなく守り切ったCBコンビを評価。

【警告】清水=T・アウベス(51分)、カヌ(90+2分) 甲府=J・バホス(90+4分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】二見宏志(清水)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
清水 6.5
リスクを意識しながら辛抱強い攻撃を続け、良い時間にセットプレーから先制。あとは無失点にこだわり、最後まで隙を見せずにホーム初勝利を掴んだ。
 
【清水|採点・寸評】
GK
13 六反勇治 6
大きなピンチは少なかったが、落ち着き払ったプレーで守備陣にも冷静さを与え、隙のない守備を最後まで保った。
 
DF
5 鎌田翔雅 6
サイド攻撃で目立つ場面はなかったが、守備で貢献。ファーサイドを狙ってくる右クロスが多かったが、その対応でも奮闘した。
 
4 カヌ 6.5
コンディションが上がって、危ないところでよく足が出ていた。空中戦でも抜群の強さを発揮し、決勝点をお膳立て。
 
26 二見宏志 7 MAN OF THE MATCH
守備では対人の強さを発揮して、最後まで破綻なく守り切り、難しい角度から決勝ゴールを決めて勝利の立役者に。
 
25 松原 后 6
先制するまでは攻撃にも絡んだが、クロスの質はもうひとつ。その後は守備に追われるなか、集中してミスを抑えた。
 
MF
7 六平光成 6
前へのパスの質と精度は物足りなかったが、慎重に攻守のバランスを保ちながら目立たない仕事で勝利に貢献。
 
20 竹内 涼 6.5
甲府のカウンターに細心の気配りを見せながら、要所では積極的に上がって攻撃でも貢献。試合を読む目が冴えた。
 
22 枝村匠馬 6(77分OUT)
E・リマの持ち上がりには手を焼いたが、献身的な守備を継続。攻撃ではチアゴとかぶらない巧みなポジショニングを見せた。
 
19 ミッチェル・デューク 6.5
運動量、動きのキレともに見応えがあり、馬力を生かしたドリブルで攻撃を牽引。守備でも一切手を抜かず、カウンターの起点にもなった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ