100%関税の新ルールで“爆買い”は終わる!? 世界注目の中国移籍市場が再オープン!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年06月20日

C・ロナウドを獲得するなら560億円が必要に!?

中国の有力クラブがこぞって獲得を狙うルーニー。英メディアはこのカリスマの動向を注視している。(C)Getty Images

画像を見る

 6月19日、中国スーパーリーグ(CSL)の移籍市場が再オープン。世界中が注目した初日は穏やかに終了し、ビッグニュースは提供されなかった。
 
 この2年間、欧州クラブのトッププレーヤーを次から次へと買い叩き、今年の1~2月期にはオスカールやカルロス・テベスらが新たに参戦。今冬にCSLの全クラブが費やした移籍金総額は3億3100万ポンド(約463億円)に達した。これは1月の移籍市場でプレミアリーグ全クラブが投じた強化費と、ほぼ同額なのだから驚きだ。

 
 だが、もはや一心不乱に巨額のチャイナマネーを注ぎ込むことはできなくなりそうだ。今回の移籍市場解禁に合わせて、CSLは新ルールを導入。世界中から噴出している乱獲の批判を避けるため、との意見もあるが、実際の理由はよりシビアだ。中国サッカー界の底上げとA代表の強化が主目的と見られている。
 
 まずは、移籍金に対する大改革だ。500万ポンド(約7億円)を超える移籍金が生じた場合、そのクラブには100%の関税がかけられる。簡単に言えば、2倍の移籍金を用意しなければいけなくなる。関税分は中国当局が管理する基金に収められ、国内における若手選手の育成に費やされる予定だ。
 
 さらにピッチ上のルールにも変化がもたらされる。すでに今季からスタメンに最低でも1名の「23歳以下中国人選手」の起用が義務付けられているが、来季以降はより厳しい。ピッチに立つ外国籍選手と同数の「23歳以下中国人選手」をプレーさせなければならなくなる。

 各クラブは育成を疎かにできなくなっており、十二分にチーム編成を練ったうえで、補強に踏み切る必要性が出てきたのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ