バルサ退任のL・エンリケ、ペップやクライフとメジャータイトル数は互角!

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2017年05月31日

グアルディオラに次いで歴代2位タイの好成績。

リーガでは宿敵R・マドリーに及ばなかったものの、コパ・デル・レイを制してバルサでの監督キャリアを締めくくったL・エンリケ。 (C) Getty Images

画像を見る

 今シーズン限りでバルセロナの監督を退任するルイス・エンリケは、5月27日にコパ・デル・レイ決勝でアラベスを3-1で破り、大会3連覇を達成。バルサの監督として獲得したメジャータイトルの数を「7」に伸ばした。

 その内訳は、リーガ・エスパニョーラ優勝が2回、チャンピオンズ・リーグ優勝が1回、コパ・デル・レイ優勝が3回、クラブワールドカップ優勝が1回となる。

 そもそもメジャートーナメントを5回以上制したバルサの監督は、全51人の中で4人しかいない。1958年からの2シーズンを皮切りに、バルサを三度率いたエレニオ・エレーラ(5回)、1988年から8シーズンに渡り指揮を執ったヨハン・クライフ(7回)、2008年から4シーズン率いたジョゼップ・グアルディオラ(9回)、そしてルイス・エンリケだ。

 L・エンリケは3年で7タイトルを獲得。グアルディオラが最初の3年で奪ったメジャータイトルの数が同じく「7」で、御大クライフがその「7」に到達するのに6年かかったことを考えれば、いかに偉大な記録かがわかるだろう。なにより彼は、グアルディオラ同様、就任1年目に3冠を達成するというミラクルも起こしているのだ。

「縦に速いフットボールを取り入れ、伝統のポゼッションスタイルを蔑ろにした」

 L・エンリケに対して、そうしたマイナスのイメージを持つファンやメディアは少なくない。実際、スタイルに関する論争は3年間絶えず続き、記者会見ではたびたび緊迫したやり取りが見られた。

 それでも、最強の攻撃ユニット「MSN」を作り上げたのは紛れもなく彼の功績だった。圧倒的な破壊力を誇ったエンリケ・バルサは、3シーズンの全公式戦176試合で509ゴールを奪取。1シーズン平均169.7ゴールは、4シーズンで626ゴール(1シーズン平均156.5ゴール)を挙げたペップ時代をも凌駕する。

 今シーズンのパリSG戦の大逆転劇に代表されるように、感動的な試合も少なくなかった。昨シーズンには故障明けのリオネル・メッシを後半途中までベンチに置きながら、宿敵R・マドリーに敵地で4-0の大勝を飾っている。

「私を信頼してくれたクラブに感謝したい。忘れられない3年間だった」

 退任会見でそう語ったL・エンリケ。記憶にも記録にも残る真の名将だ。

 なおバルサは5月29日、アスレティック・ビルバオを率いていたエルネスト・バルベルデの新監督就任を発表している。

文:ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
【現地発】柴崎岳のスペイン語対応と笑顔に「成長」と「幸福」を見た
バルサ新監督にバルベルデ! かつては日本代表の指揮官候補にも
ドルトムントがトゥヘル解任を電撃発表! CEOとの確執が引き金か…
【コラム】トッティとローマの「愛の物語」が終焉。それでも王子はまだ「本当の決断」を…
ミランがムサッキオ獲得を発表! 中国資本での補強第一号!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ