バルサ新監督にバルベルデ! かつては日本代表の指揮官候補にも

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年05月30日

オリンピアコスを3度の国内リーグ優勝に導いた実績をもつ。

バルサの新監督に就任するバルベルデは今シーズン、アスレティック・ビルバオを率いて7位の成績を収めた。(C)Getty Images

画像を見る

 バルセロナは現地時間5月29日、今シーズン限りで退任するルイス・エンリケの後任として、エルネスト・バルベルデが新監督に就任することをクラブの公式サイトで発表した。任期は2年間で1年延長のオプションが付く。
 

 バルベルデはスペイン出身の53歳。現役時代はFWとしてリーガ・エスパニョーラの6クラブに在籍。1988年からは2年間ヨハン・クライフ率いるバルサでもプレーした。
 
 バルベルデは指導者として、エスパニョール、ビジャレアル、バレンシアで監督を務め、国外でもギリシャのオリンピアコスを率いて3度の国内リーグ優勝に導いた実積をもつ。また、2010年夏には日本代表の指揮官候補に挙がったこともある。
 
 2013年からは4年(2003年からの2シーズンを含めると計6年)に渡りアスレティック・ビルバオの監督を務め、今シーズンはヨーロッパ・リーグ出場圏内(6位以内)まで勝点差1の7位と健闘を見せた。
 
 前任のL・エンリケは過去2シーズンで、リーガとコパ・デル・レイを連覇し、14-15シーズンにはチャンピオンズ・リーグでも優勝。しかし今シーズンは国内リーグでR・マドリーの後塵を拝し、CLは準々決勝でユベントスに敗れ、タイトルはコパ・デル・レイ優勝のみだった。
 
 そのL・エンリケが3月1日に今シーズン限りでの退任を発表して以降、ファン・カルロス・ウンスエ(現アシスタントコーチ)をはじめ、ロナウド・クーマン(エバートン)、オスカール・ガルシア(レッドブル・ザルツブルク)、マッシミリアーノ・アッレグリ(ユベントス)、ホルヘ・サンパオリ(セビージャ→アルゼンチン代表)、エウセビオ・サクリスタン(レアル・ソシエダ)など幾多の後任候補が取沙汰されたが、結局はバルベルデに決まった。
 
 バルサ再建を託されたバルベルデは、クラブに再び栄冠をもたらすことができるのだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ