レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第22回・ベルカンプ(元オランダ代表)

カテゴリ:PR

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年05月18日

プレースタイルが適合したアーセナルで黄金時代の創成に貢献!

イタリアで挫折を味わったベルカンプをアーセナルが再生させ、ベルカンプはアーセナルを黄金時代に導いた。 (C) Getty Images

画像を見る

 本誌ワールドサッカーダイジェストと大人気サッカーアプリゲーム・ポケサカとのコラボで毎月お送りしている「レジェンドの言魂」では、サッカー史を彩った偉大なるスーパースターが、自身の栄光に満ちたキャリアを回想しながら、現在のサッカー界にも貴重なアドバイスと激励を送っている。

 さて今回、サッカーダイジェストWebに登場するのは、アーセナルで一世を風靡し、オランダ代表としても伝説を創成した真のフットボールマイスター、デニス・ベルカンプだ。

 全く無駄のないボールコントロールと、あっと驚くアイデアで対峙するDFを手玉にとり、多くの芸術的なゴールを生み出した稀代のファンタジスタの偉大なる軌跡を、ここで振り返ってみよう。

――◇――◇――

 デニス・ニコラース・マリア・ベルカンプがオランダ・アムステルダムで生まれたのは1969年5月10日。父ヴィム、母トニーとの4番目の子どもであり、名前の「デニス」は、父がスコットランドの名手、デニス・ローを好きだったことから付けられた。

 その効力かどうかは定かではないが、ベルカンプは幼少の頃からサッカーに熱中して腕を上げ、11歳で名門アヤックスの下部組織に入団する。順調に得点能力を高めていった彼は1986年12月14日、ローダ戦でプロデビューを果たした。

 17歳の少年をトップチームに引き上げ、プロの舞台に送り出したのは、オランダ・サッカー最大の英雄、ヨハン・クライフ。そして当時のチームには、後に世界最高のストライカーの称号を得るマルコ・ファン・バステンがキャプテンとして君臨していた。

 86-87シーズン、アヤックスは欧州タイトルを獲得する。各国の国内カップ王者が集うカップウィナーズ・カップで、決勝戦では東ドイツ(当時)のロコモティフ・ライプツィヒを下した。

 翌シーズンにミランへ移籍するファン・バステンが決勝ゴールを決めたこの一戦、ベルカンプは66分から交代で出場し、勝利の瞬間をピッチ上で迎えた。なおこのシーズン、彼はKNVBカップ(国内カップ)優勝も経験している。

 ファン・バステンに続き、88年夏にはクライフもアヤックスを去ったが、ベルカンプは着実に成長を遂げてチームのエースとなり、89-90シーズンには、5年ぶりのリーグ制覇に貢献した。

 90-91シーズンに25ゴールを挙げて初のリーグ得点王に輝くと、続く2シーズンも24得点、26得点を記録して、タイトルを防衛。この頃には、欧州、いや世界でも知らぬ者はいないストライカーとなっていた彼が、これ以上、オランダの留まることは不可能だった。

 多くのクラブから誘いを受けるなか、ベルカンプが選んだのはインテル。セリエAでのプレーを臨んだ彼は、700万ポンドの移籍金をアヤックスへの置き土産として、同僚のヴィム・ヨンクとともに国外での挑戦を開始した。

 意気揚々と当時の世界最高峰リーグに乗り込んだベルカンプだったが、カルチョの高度な守備に苦しんでデビューシーズンは8得点止まり(31試合出場)。UEFAカップ優勝も慰めとはならず、翌シーズンは21試合出場3得点と、さらに数字は悪化した。

 成績が残せないだけでなく、シャイな性格が災いし、メディアやファンとの関係も良くなかったベルカンプは、95年夏、マッシモ・モラッティがインテルを買収し、大幅なチーム改造を行なうなかで放出候補に挙がり、新天地を求めることを余儀なくされる。

 ここで、移籍先となったのがアーセナル。750万ユーロの移籍金は当時のクラブ最高額だった。ブルース・リオク監督の下、プレミアリーグでの1年目でベルカンプは、33試合に出場して11ゴールを挙げ、可能性を感じさせる。

 そして翌シーズン、彼のキャリアにとって大きな出会いが訪れる。アーセン・ヴェンゲルの監督就任だ。フランス人智将が信奉する攻撃的なパスサッカーに、ベルカンプの特性が完全に適合し、ここから彼は水を得た魚のように躍動し、そしてチームは栄光の時を迎える。

 ヴェンゲル体制の2年目となった97-98シーズン、アーセナルは7年ぶり、そしてプレミアリーグとなってからは初のリーグ制覇を果たしたが、ベルカンプは16ゴールを挙げてチームを牽引。FAカップとの二冠達成にも貢献し、自身は栄えあるPFA年間最優秀選手にも選出された。

 ベルカンプは、キャリアの終焉を迎える06年までこのクラブで過ごしたが、ここでリーグ優勝3回(97-98、2001-02、03-04)、FAカップ4回(97-98、01-02、02-03、04-05)、コミュニティーシールド3回(98、02、04)のタイトルを獲得した。

 クラブの歴史に残る黄金時代の創成に貢献した彼は、レジェンドとして引退後も崇められ、14年にはホームのエミレーツ・スタジアムに銅像が設置された。
【関連記事】
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第21回・スコールズ(元イングランド代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第20回・ロベルト・カルロス(元ブラジル代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第19回・カントナ(元フランス代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第18回・フリット(元オランダ代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第17回・バティストゥータ(元アルゼンチン代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第16回・デサイー(元フランス代表)
レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第15回・ベッケンバウアー(元・西ドイツ代表)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ