【J1採点&寸評】神戸×甲府|プラチナ世代の「至宝」がJ1初ゴールでヒーローに!! 神戸は攻撃陣の決定力不足に泣く

カテゴリ:Jリーグ

橋本啓(サッカーダイジェスト)

2017年04月30日

神戸――精彩を欠いたニウトンなど、中盤の面々は厳しく評価。

【警告】神戸=中坂(57分)、渡邉(90+2分) 甲府=小椋(80分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】堀米勇輝(甲府)

画像を見る

[J1リーグ9節]神戸0-1甲府/4月30日/ノエスタ
 
【チーム採点・寸評】
神戸 5.5
終始主導権を握り相手の倍以上となるシュートを放ったが、再三のチャンスを決め切れなかったのが響いた。最終局面の精度不足は今後の課題に。
 
【神戸|採点・寸評】
GK
18 キム・スンギュ 6
前半に許した決勝被弾への責任はない。シュートへの反応、キックフィードとも特に問題は見られなかった。
 
DF
6 高橋峻希 5.5
果敢に攻め上がってはいたが、決定的な働きには至らず。縦に突き抜ける突破で停滞した流れを変えたかったが……。
 
5 岩波拓也 6
空中戦や1対1の局面では無難に対応。1点ビハインドの後半は、敵陣へ攻め上がり鋭いシュートを放つ場面も。
 
3 渡部博文 6
自陣で不用意にボールを失った場面もあったが、全体的には及第点か。何度かあったセットプレーを、どれかひとつでもモノにしたかった。
 
22 橋本 和 5.5
失点場面では、堀米を捕まえきれずフリーでヘディングシュートを許す。クロスが味方に合わないシーンも目に付いた。
 
MF
7 ニウトン 5.5(76分 OUT)
持ち味のパワフルなプレーは影を潜める。パスの出しどころに躊躇して、不用意にボールを失う場面も。この日はやや精彩を欠いたか。
 
23 松下佳貴 5.5
開始3分に強烈なシュートを放つなど、チャンスと見れば積極的にゴールを狙った。ただし、時間の経過とともに存在感が薄れた印象が拭えない。
 
29 大森晃太郎 5.5
序盤は敵陣中央のスペース突いて怖さを示したものの、次第にトーンダウン。甲府の粘り強い守備に苦戦した後半はインパクトを欠く。
 
8 ウエスクレイ 6
4節の磐田戦以来、5試合ぶりに先発へ復帰。チャンスには絡めなかったが、キレのあるドリブルで脅威を与えていた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ