【J1採点&寸評】甲府×新潟|J初得点の高卒新人を高評価も…MOMはいぶし銀の輝きを見せたベテランCB

カテゴリ:Jリーグ

大島和人

2017年04月16日

甲府――エース不在の影響で縦への推進力なく。

【警告】甲府=E・リマ(43分)、O・ボザニッチ(55分) 新潟=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】富澤清太郎(新潟)

画像を見る

J1リーグ7節]甲府0-2新潟/4月16日/中銀スタ
 
【チーム採点・寸評】
甲府 5.5
開始早々の失点でゲームプランが崩壊。ウイルソン不在の影響で縦への推進力を欠き、引いた相手を崩すパスワークの質も無かった。


 
【甲府|採点・寸評】
GK
23 岡 大生 5
セットプレーからの2失点はGKの責任大。飛び出して触れない場面が散見され、フィードの質も欠いた。
 
DF
8 新井涼平 5.5
1失点目のセットプレーでは、ハイボールを富澤清太郎に競り負けて折り返された場面が痛かった。
 
4 山本英臣 5.5(82分OUT)
最後尾から左サイドへのロングパスを盛んに狙っていたが精度を欠き、味方にスペースをプレゼントできず。
 
6 エデル リマ 6
1対1の不安感はなかったが、持ち味の突破は繰り出せず。ボールを安易に浮かせる傾向も要注意。
 
16 松橋 優 6
サイドハーフが執拗についてきたため、彼のスプリントでスペースが空かず。2対2、3対3からも崩せず。
 
27 阿部翔平 6
縦に流し込むボール、クロスともになかなか「的」が無く、左足を活かす場面が少なかった。
 
MF
15 兵働昭弘 5.5
ブロックの間を突くだけの質、アイデアを持てなかった。セットプレーも7本のCKを活かせず。
 
20 小椋祥平 6
ぎりぎりのボールを取り切るところは流石。ただ攻撃面でパスを引き出す、スペースを空ける仕事ができず。
 
23 オリヴァー・ボザニッチ 5.5(76分OUT)
プレスをいなす上手さ、即興の面白さは見せたが、得点に直結する脅威は出せなかった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ