「まだ50%」でも2得点に絡んだ“鳥栖の黒豹”イバルボ。指揮官や同僚の印象は?

カテゴリ:Jリーグ

白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)

2017年04月02日

2ゴールに絡んだとはいえ全体的には…。

まだコンディションが整っておらず、本領発揮とはいかなかったイバルボ。とはいえ今後が楽しみなストライカーだ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ5節]FC東京 3-3 鳥栖/4月1日/味スタ
 
 3月15日にサガン鳥栖に電撃加入したコロンビア代表FWのビクトル・イバルボは、イタリアのセリエAやイングランドのプレミアリーグで戦い、2014年ワールドカップ出場歴もありとJリーグでは群を抜く実績を持つストライカーだ。
 
 15年1月からローマ、ワトフォード、アトレティコ・ナシオナル、パナシナイコス、カリアリを渡り歩いて鳴かず飛ばずに終わり、日本に辿り着いたという経緯があるとはいえ、26歳とこれから全盛期を迎える年齢。鳥栖移籍は大きな注目の的となった。
 
 そのイバルボは3月18日のセレッソ大阪戦に続き、4月1日のFC東京戦も先発出場。開始3分には裏への抜け出しで森重真人のファウルを誘ってPKを奪い、豊田陽平の先制ゴールに繋げる。そして試合終了間際には左サイドからのクロスを豊田の頭に合わせ、チョ・ドンゴンの劇的な同点弾の起点に。Jリーグでは初のフル出場ゲームで、2ゴールに絡んだ。
 
 とはいえ、来日から3週間弱で公式戦2試合目とあって、コンディションやコンビネーションはまだまだといった印象。時おり「おっ」と思わせるキープや突破を見せるも、全体的には当たり負けする場面が多く、周囲との意思疎通が合わないシーンも目立った。そもそも動きそのものに鋭さが感じられず、セリエAでも異彩を放ったほどの強靭なフィジカルと爆発的なスピードは鳴りを潜めたままだったのだ。
 
 カリアリ時代に約1年間指導した恩師で、日本に呼び寄せた張本人であるマッシモ・フィッカデンティ監督も試合後の会見で、次のように語っている。
 
「イバルボはまだカリアリで指導した時の50%くらいの状態。90分間を通じてゲームに絡むには、まだまだコンディションが上がっていない。しかし、PKを取ったシーンを含めて5、6回はチャンスを作っていた。だからフル出場させた」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ