CL準々決勝で「レスターとの対戦は避けたい」と語るユーベのブッフォン

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年03月15日

指揮官は「最小限の努力で最大の結果を得た」と厳しい評価…

組み合わせ抽選会は3月17日(現地時間)。果たして、ブッフォンの願いは叶うか⁉ (C) Getty Images

画像を見る

 チャンピオンズ・リーグ(CL)決勝トーナメント1回戦の第2レグで、ユベントスはポルトを1-0で破り、合計スコア3-0で準々決勝進出を決めた。
 
 敵地での第1レグを2-0でモノにしていたことで、非常に有利な状況で本拠地に帰ってきたユーベは、第2レグでも主導権を握り、前半のうちにディバラのPKで先制点を挙げただけでなく、ポルトのM・ペレイラの退場で、第1レグ同様に数的優位を得る。
 
 こうした有利な状況でユーベは1点を守り抜き、3シーズン連続でのベスト8入り果たした。
 
 余裕を持って第一関門を突破したように見えるがユーベだが、キャプテン、指揮官はそのようには捉えていなかったようだ。試合後の、ふたりのコメントは以下の通り。
 
◇ジャンルイジ・ブッフォン
 
 このレベルでは、全ての試合がとてもタフなものだ。たとえ1戦目をモノにしていても、相手が10人に減ってもだ。少しでもテンションが落ちると、その代償を払わされることになる。
 
 我々は改善を重ね、自信をつけてきた。ユベントスはどのシーズンでも、ベスト8には入っていなければいけないクラブなんだ。それに、長くベスト8に入っているようだと、優勝できる可能性も高まってくる。
 
 勝ち残っているチームは強敵ばかりだが、準々決勝ではレスターと当たることは避けたい。彼らは強い熱意だけでなく、どんなチームにもダメージを与えて倒せるだけの強烈な武器を持っている。
 
◇マッシミリアーノ・アッレグリ監督
 
 我々はもっと、プレーの質を高めなければならない。今日の試合、後半はもっとできるはずだった。結果が良ければそれで良し、としてはいけない。
 
 前半はリスクを冒すことなく、インテリジェンスの感じられるプレーを見せていたが、相手が10人に減るとそれがなくなり、逆にスペースを与えたり、守備も雑になって、何度か危険な場面を迎えてしまった。
 
 一つひとつのプレーを正しく行う必要があるが、今日はそれらが適切に行なわれていなかった。
 
 攻撃でも、相手がスペースを空けた時には後方から選手が上がってきて、そこを突くことになっていたが、選手はショートパスを繋ぐことに終始していた。それにより、相手に反撃の機会を与えてしまうことなった。
 
 最小限の努力で最大の結果を得た――それが今日の試合だった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ