【J1採点&寸評】浦和×甲府|評価が難しい大勝劇。関根、R・シルバに最高点。ドゥドゥも奮闘

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2017年03月10日

浦和―—右利きの中村俊輔のようなスルーパスを連発したのは…。

【警告】浦和=R・シルバ(79分) 甲府=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】関根貴大(浦和)

画像を見る

[J1リーグ3節] 浦和レッズ 4-1 ヴァンフォーレ甲府
2017年3月10日/埼玉スタジアム

【チーム採点・寸評】
浦和 6.5
相手が違えば”やられていた”と言える展開だった。それでも、耐えればチャンスは必ず訪れる、と全員で意識を共有し合い、勝負どころを見逃さなかった点は評価したい。

【浦和 4-1 甲府 PHOTO】後半の4得点で浦和が甲府に大勝

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 5.5
33分に関根にロングフィードをつないだが、惜しくも今季初アシストはならず。危ういキックミスもあった。起点になるプレーも多かった一方、失点の原因も、背番号1のフィードミスからだった。
 
DF
5 槙野智章 6(75分OUT)
攻撃をぶ厚くする役割はこなした。ただ、攻撃参加してきた相手の中盤やDFへのマークが曖昧だった。

6 遠藤 航 5.5
序盤はミスパスもあったが、徐々に修正していった。1対1やカバーリングは卒なくこなし、シュートブロックも見せた。だがロングフィードが最後までつながらなかった。終盤はボランチに入る。

46 森脇良太 6
右利きの中村俊輔かと思わせるような会場全体を驚かす絶妙スルーパスを連発。一方、守備ではウイルソンの突破に後手を踏む場面も。

MF
24 関根貴大 7 MAN OF THE MATCH
積極的に仕掛けて多くのチャンスを作り出し、3アシスト。ゴールに向かう姿勢が大切だということを改めてプレーで体現した。

16 青木拓矢 6
カウンターを食らいそうな場面で相手の起点を潰したり、微妙なポジショニングをしていたウイルソンを抑えたり、黒子のように地味だが効いていた。

22 阿部勇樹 6
中央の危険なエリアを埋めながら、状況に応じて攻撃参加。メリハリをつけた。途中からは左ストッパーに入った。
 
3 宇賀神友弥  6(83分OUT)
常にサイドで主導権を握り続けたことで、勝利を呼び込んだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ