【ACL】G大阪がKリーグ3位に1-4惨敗…攻守ともに歯車がまったく噛み合わず

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年03月01日

ホームでまさかの4失点。終了間際にPKで1点を返すも…。

公式戦2試合連続ゴール中だった今野も沈黙した。写真:川本 学

画像を見る

[ACL・2節]G大阪0-4済州ユナイテッド/3月1日/吹田S
 
 ACL・2節が3月1日、各地で行なわれた。昨季のKリーグ3位・済州ユナイテッドと市立吹田サッカースタジアムで対戦したG大阪は、1-4で惨敗した。
 
 ホームのG大阪は3-5-2を採用。GKに東口、3バックは左からファビオ、三浦弦太、金正也。アンカーに遠藤保仁、2枚のインサイドハーフに今野泰幸と井手口陽介が入り、ウイングバックには左に藤春廣輝、右にオ・ジェソク。2トップをアデミウソンと倉田秋が組んだ。
 
 前半、G大阪は済州・Uの高い位置からのプレスに苦しみ、攻撃がまったく組み立てられない。27分には、頼みの遠藤があっさりとボールを奪われてカウンターを食らいそうになるなど、手を打てないまま時間だけが経過した。
 
 そんななか迎えた39分、相手セットプレーで決定的なヘディングシュートを許してしまう。これはGK東口のファインセーブでしのいだものの、押し込まれて劣勢を強いられ、いつゴールを奪われてもおかしくない展開が続いた。
 
 そして前半終了間際の43分、相手セットプレーからのクロスを遠藤がクリアミスし、オウンゴールで先制点を奪われる。さらに45+1分、イ・チャンミンにミドルを決められて2失点目。一気に2点を叩き込まれ、0-2で前半を折り返した。
 
 G大阪は後半、井手口に代えて長沢駿を投入してトップに据え、倉田を2列目に下げた。この采配はある程度奏功し、倉田やアデミウソンが下がってボールを受けることで、パスが循環し始める。
 
 しかし、その矢先の51分、G大阪は致命的な3点目を奪われてしまう。ショートコーナーからフリーでクロスを許し、最後は相手エースのマルセロに決められた。
 
 さらにG大阪は、72分に4失点目。中盤でボールを奪われ、GK東口が飛び出してたところを突かれて約40メートルのロングシュートを決められた。
 
 G大阪はその後、終了間際にアデミウソンがPKで1点を返したが、反撃はそこまで。ホームでまさかの大量失点を喫し、1-4で敗れた。

【ACL PHOTO】 G大阪1ー4済州 守備崩壊のガンバがホームでまさかの大敗
【関連記事】
【G大阪|緊急提言】遠藤の酷使で黄信号!? 4-4-2への回帰を視野に入れるべし
【G大阪】「どこに穴があるのか最後まで分からなかった」。今野が語った敗因とは?
【G大阪】惨敗に危機感を募らせる倉田。「こういうサッカーは目指していない」
【G大阪】新10番・倉田が「やっていても楽しくなかった」と吐露した理由とは?
【G大阪】元ガンバ戦士の証言から読み解く新システムのメリットと改善点
50歳で開幕スタメンのキングカズに“ヤット”も脱帽。「努力しないとあそこまでできない」
けやき坂46・影山優佳さんが「サッカー愛」、独自の「サンフレッチェ歴代ベスト11」を語る!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ