「0-79で負けてもバルサよりはまし」――サッカー界の注目コメント集

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2017年03月05日

「バイエルン寄りの笛」とでも言わんばかりに…。

最高の出来だったと語っているように内容が良かっただけに、96分の同点被弾はラングカンプはもちろん、ヘルタ・ベルリンにとって痛恨だった。(C)Getty Images

画像を見る

≪注目コメント①≫
「バイエルンには勝てないと戦う前から決まっていた」
【発言者】
セバスティアン・ラングカンプ
(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)

 2月18日のブンデスリーガ21節だった。王者バイエルンを相手に好勝負を演じながら1点リードで迎えた96分にFKから失点。掴みかけていた金星をすんでのところで逃し、悔しさとともにやり場のない怒りが込み上げてきたのだろう。ロスタイム表示の5分を過ぎてからリスタートを認めた主審に、「バイエルン寄りの笛」とでも言わんばかりに八つ当たりした。


≪注目コメント②≫
「ナバスに対する批判が厳しすぎる」
【発言者】
キコ・カシージャ
(レアル・マドリー/スペイン代表)

 同じGKだからこそ思うところがあったのだろう。失点は本来チーム全体の責任。にもかかわらずゴールを許すたびに槍玉に挙がるケイラー・ナバスを、批判は不当だと擁護した。十分な実力を備えながらカップ戦要員に甘んじる苦労人が見せたのは、たったひとつの椅子を争うライバルを気遣う心意気だった。


≪注目コメント③≫
「0-79で負けてもバルサよりはまし」
【発言者】
パスカル・デュプラズ
(トゥールーズ監督)

 パリSGとの大一番(リーグ・アン26節)を前に語ったコメントだ。その強敵にチャンピオンズ・リーグで0-4と完敗したバルセロナの20分の1という財政事情を引き合いに出し、理論上は79点差がついても恥ずかしくないと暴論を展開。大敗した場合に備えて、予防線を張っておきたかったのかもしれない。肝心の試合は0-0。指揮官の弱気な態度が、選手のやる気に火をつけた!?

※ワールドサッカーダイジェスト2017.03.16号より加筆・修正

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ