難病を患った可能性があるゲッツェ…同い年のMFからエールも

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2017年03月02日

インスタグラムにゲッツェの写真をアップし――。

「ミオパチー」と呼ばれる筋疾患を患っている可能性が浮上したゲッツェ。現時点で復帰の目処は立っていない。(C)Getty Images

画像を見る

 2月27日、ドルトムントは、マリオ・ゲッツェが代謝異常により長期離脱を強いられることを発表した。クラブはそれ以上の詳細は明かしていないが、ドイツ・メディアによれば難病を患っている可能性もあるという。
 
 日刊紙『南ドイツ新聞』によれば、ゲッツェは「ミオパチー」と呼ばれる筋疾患に苦しんでいるという。

 ミオパチーとは筋肉の萎縮が疲労感、体重の増減、呼吸困難などを引き起こす難病のひとつで、最悪の場合は生命が危険に晒されるケースもあるという。同紙は「食生活の改善や注射での治療で全快する見込みは薄い」との見解を述べている。
 
 ゲッツェがミオパチーを患っているかどうかは定かではないものの、今シーズン中の復帰が難しいのは事実だろう。今後の5~6週間は専門医の下で治療を受ける予定だが、復帰の目処は立っていない。
 
 そんな苦境に立たされているゲッツェに、意外な人物からエールが届いた。同じ1992年生まれで、現在はボーンマスに所属するジャック・ウィルシェアだ。

 25歳のイングランド代表MFは、『インスタグラム』にアーセナル在籍時に対戦した際のゲッツェの写真をアップ。そこには「友よお大事に」とのメッセージが添えられていた。
 
 ウィルシェアはこれまでに何度も怪我による長期離脱を強いられただけに、今回の一件は他人事ではなかったのだろう。治療に励むゲッツェにとっても、これ以上ないエールになったはずだ。
【関連記事】
【コラム】BBCは下り坂…それでもジダンはイスコやモラタにベンチを強いるのか?
どうなるバルサの監督人事!? 現地記者とブックメーカーが挙げる候補者は…
欧州蹴球4コマ漫画 Vol.28「ミドル王のナインゴラン、首筋のタトゥーが怖すぎる…」
神戸がポドルスキ獲得を発表! 三木谷氏は「世界的なストライカーが加わることを大変嬉しく思う」と喜び
アリやベジェリンなどプレミアのスターもお祝い 「パンケーキの日」って?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ