【C大阪】清武はなぜJ復帰を選択したのか?「他の欧州のチームからのオファーもありましたが…」

カテゴリ:Jリーグ

原山裕平

2017年02月06日

「自分がサッカー選手としていい時期に日本でやるのもいいのかなと」

4年半ぶりに"復帰"した清武。トレーニング中には笑顔も見えた。

画像を見る

 4年半ぶりに、桜色のユニホームに袖を通すことになった清武弘嗣が、2月5日にセレッソ大阪のキャンプ地・宮崎で、入団記者会見を開いた。移籍の経緯やセビージャでの苦悩、そして新天地にかける想いを語った。
 
「すごい幸せですし、光栄に思います」と、C大阪復帰を喜んだ清武は、移籍の理由を以下のように説明する。
 
「去年の11月くらいから、セビージャの試合にはなかなか絡めなくなりまして、いろいろと考えていく中で、今、自分が動けるタイミングで日本に帰るのがいいのではないかと思い始めました。他のヨーロッパのチームからのオファーもありましたけど、自分がサッカー選手としていい時期に日本でやるのもいいのかなと。日本に帰ってくるなら絶対にセレッソと決めていたので、今回オファーをいただいて、決断しました」
 
 わずか6か月に終わったセビージャでの挑戦は、清武にとって厳しいものだった。移籍後すぐに怪我をし、パフォーマンスが悪かったと自覚する2節のビジャレアル戦後に日本代表活動のためにチームを離脱。戻ってくると組織の完成度は高まっており、清武のポジションはなくなっていた。
 
 出場機会が訪れなくなるなか、チームは調子を上げていく。「チームの調子が良かったので試合に出ることはないだろう」という気持ちが次第に強くなる一方で、「いつかはチャンスが来るはず」という想いもあったという。それでも冬の移籍市場でセビージャはさらなる補強を敢行。出場機会がさらになくなると判断し、清武はチームを離れることを決めた。
 
 他の欧州クラブからのオファーがあるなかで、日本復帰を決めたのは「一番いい時期に、日本に帰りたいと思っていた」から。「自分で決めたことなんで、後悔はしていない。しっかりと日本で結果を残せるように頑張りたいと思います」と前向きな決断であることを強調した。


【PHOTO】セレッソ大阪 清武練習初日の表情

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ