【浦和ユース】プレミア昇格に導いた、2年生CB橋岡大樹。末恐ろしい大器だ

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2016年12月18日

敵のエースFW安藤をして「なにもさせてもらえなかった」

2年生ながら浦和ユースの守備の要として君臨。パワーと技巧を高次元で兼備するモダンなCBだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 来季の高円宮杯U-18プレミアリーグ昇格を賭け、12月18日、参入戦の2回戦が行なわれた。
 
 広島広域公園第一球技場では、浦和レッズユースと長崎総科大附が対峙。屈強なフィジカルを武器とする長崎総科大附が序盤から押し込んだが、35分に浦和が一瞬の隙を突き、FW時里元樹(3年)のゴールで先制に成功する。その後も長崎総科大附が攻勢を仕掛けるが、赤い壁を崩すことが出来ずにタイムアップとなった。
 
「パワーがあって走ることもできるチームで難しかった」と語ったのは大槻毅監督だ。全国屈指のフィジカルを前面に押し出す相手を下し、じつに5年ぶりのプレミアリーグ昇格を決めた。
 
 序盤から長崎総科大附の圧力が上回り、苦しい時間を過ごした。それでも、ロングボールを主体とする九州王者の攻撃を弾き返し、最後まで守りは決壊しなかった。
 
 そんななか、抜群の存在感を示したのがU-19日本代表の2年生CB、橋岡大樹だ。主将のMF渡邊陽(3年)が「橋岡の門」と表現したように、前線に目掛けて放り込まれたボールをごとごとく迎撃。とくに「なにもさせてもらえなかった」と話した相手のエース、U-17日本代表経験を持つFW安藤瑞季(2年)とのマッチアップでは、滞空時間の長いジャンプで圧倒し、いっさい仕事をさせなかった。
 
「相手が誰であろうと、代表経験のある選手であろうと、僕のところで止めようと思っていた」と橋岡。与えられたミッションをパーフェクトにこなしてみせると、終盤になり、その強さがより際立つ。長崎総科大附は1㍍86㌢のFW中居克仁(3年)を前線に投入。前への圧力をさらに高め、明確な形でフィジカル勝負を仕掛けてきた。
 
 しかし、橋岡の牙城は揺らがない。2年生CBに率いられた浦和守備陣は最後まで崩れず、プレミア昇格という悲願を成就した。
【関連記事】
【プレミアリーグ参入戦速報】浦和ユース、米子北、阪南大高、福岡U-18のプレミア昇格が決定!
現役Jリーガーが選んだ今季の「MVP」は? J1全18クラブ、計90選手にアンケート!
【最新移籍動向】浦和が2選手の移籍を発表。柏の増嶋がレンタルで仙台へ
悲劇に見舞われたシャペコエンセが来年8月に浦和と対戦決定! スルガ銀行チャンピオンシップで来日
【最新移籍動向】浦和が2選手の移籍を発表。柏の増嶋がレンタルで仙台へ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ