「歴史的な勝利」、「鹿島の守備はハイレベル」――スペイン紙がこぞって鹿島を絶賛!

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年12月15日

好セーブを連発した37歳の守護神にも称賛の声。

南米王者の分厚い攻撃にさらされるも、動じることなく封じ切った鹿島。その堅い守備はスペインメディアから高い評価を受けた。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 12月14日、クラブワールドカップ準決勝で鹿島アントラーズはアトレティコ・ナシオナルから3点を奪って快勝し、アジア勢初の決勝進出を果たした。
 
 序盤から主導権をナシオナルに握られ、度々ピンチを招いた鹿島だが、守護神の曽ケ端準を中心とした堅い守備は崩れることはなく、南米王者の猛攻を封殺した。
 
 その粘り強い戦いぶりを、海外メディアも称賛している。
 
 決勝で鹿島と対戦する可能性のあるレアル・マドリー関連の記事を多く掲載しているスペインの地元紙『AS』は、試合はナシオナルが優勢だったと伝えながら、「鹿島のハイレベルな守備陣は、ナシオナルに最後の局面で仕事をさせなかった」と、鹿島の統率された守備を評価した。
 
 同じくスペインの『SPORT』紙は、「ナシオナルは決定力不足と鹿島のGK曽ケ端のハイパフォーマンスを前にクラブワールドカップでの希望を失った」とし、準々決勝のマメロディ・サンダウンズ戦に続いて好セーブを連発した37歳の守護神を称えた。
 
 また同紙は、「日本サッカーにとって信じられないほど、歴史的な決勝進出だった」と鹿島の快勝劇と躍進を高く評価している。
 
 試合中に起きたビデオ判定が物議を醸したこともあり、世界中にその名を知らしめ、またレベルの高さを印象付けた鹿島。クラブ・アメリカとR・マドリーの勝者と対戦する決勝で、さらなるサプライズを起こせるかに注目だ。

【PHOTO】クラブW杯を彩る世界中の美女サポーター♥

【PHOTO】鹿島3-0ナシオナル|南米王者を完封で撃破。史上初のビデオ判定も

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ