悔し涙を流した平川怜。2017年も大注目の逸材が思い描く理想像とは?

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2016年12月12日

あと一歩で優勝を逃した事実は心に深く刻まれた

2016年、チームでの活躍のみならず、平川はU-16日本代表やJ3での奮闘など話題を提供し続けた。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 試合終了のホイッスルが鳴り響いた瞬間、FC東京U−18の選手たちはがっくりと肩を落とした。
 
 プレミアリーグEAST最終節。2位ながらも首位・青森山田との直接対決で勝利すれば、初優勝を掴める大一番だったが、ゲーム終盤にPKによる得点を許し、0-1の敗北に終わった。ホームの小平グラウンドに詰めかけたサポーターから溜息が漏れる。途中交代でベンチに退いていた1年生MF平川怜も悔しげな表情を浮かべ、目からは熱いモノがこみ上げていた。
 
「後半は意図的ではないですけど、自分のところにボールがたくさんきていたので、ここがチャンスだと思って力を上げていた。でも、得点に繋がらなかったので……」
 
 と、U-16日本代表MFは振り返る。

 チーム事情からこの試合は左サイドハーフでの先発出場となったが、前半は右サイドが攻撃の起点となったため高い位置でプレーできなかった。それでも、球際の強さを活かした守りと前線への縦パスで存在を誇示。後半は自ら仕掛ける機会が増え、左サイドの奥深くまで切り込むシーンを頻発させた。
 
 しかし、最後までゴールを奪うことはできず、悔やんでも悔やみ切れない黒星を喫した。充実の2016年、その締めくくりとなる最後の公式戦で――。
 
 夏のクラブユース選手権と秋のJユースカップで全国制覇を経験し、ビッグトーナメントで勝つ喜びを知った。それだけに、あと一歩で優勝を逃した事実は彼の心に深く刻まれたことだろう。
【関連記事】
【U-16日本代表】平川怜や福岡慎平ら18名がチリ遠征へ
【プレミアリーグEAST】頂上決戦を制した青森山田が初優勝!! FC東京U-18は3冠ならず
U-16日本代表の超逸材、平川怜をご存知ですか?
【Jユースカップ決勝詳報】FC東京U-18の勝因はなんだったのか?
「日本のベストプレーヤーは4番!」各国記者がU-16日本のMF平川怜を大絶賛

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ