大分が苦しんだJ3の戦い。土壇場の逆転昇格を呼んだ片野坂監督のチーム再建法とは?

カテゴリ:Jリーグ

柚野真也

2016年11月24日

強いチームには立ち返る場所がある。

1年でのJ2復帰を果たした大分だが、クラブのポテンシャルを考えればまだまだ通過点といったところだろう。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 1年でのJ2復帰を至上命題とし、かつてJ1でタイトルを手にした大分がJ3でチームの再建に取り組んだ。率いるのは今季から指揮を執る片野坂知宏監督。クラブは「走り切る」「球際で身体を張る」「攻守の切り替えを速くする」というサッカーでは当たり前のことを徹底することを掲げ、これを実現できる指揮官として片野坂監督を招聘したのだ。新監督はクラブの求めるコンセプトを浸透させ、マイボールを大事にして、しっかりポゼッションするサッカーも着々と植え付けた。
 
 迎えたJ3での再スタートは、開幕3連勝するものの、その後は勝ったり負けたりを繰り返す。J3では格上となる大分に対し、対戦相手は一泡吹かせてやろうと戦略を練って来る。序盤戦はそうした相手をはね返す力はなく、1年でJ2に復帰できるような空気は感じられなかったというのが正直なところだった。
 
「結果が出ていない事実を受け止め、修正しなければいけない。パスの出し手と受け手だけでなく、3人目の動きも含めたコンビネーションを高めないと」と厳しい表情で松本昌也が語れば、今季から加入したキャプテンの山岸智は「勝ちたい気持ちが焦りにつながっているのかも」と頭を抱えた。悪い流れを一掃しようと個々は奮闘するものの、肝心なところでミスが出る。徐々に得点が奪えなくなり、守備も我慢できず失点を許す悪循環を繰り返した。
 
「大切なのは、上手くいっている時は自然と良い流れが生まれてくるものだけど、試合中やシーズン中に流れが悪くなる時は絶対にある。その時に、立ち返る場所があるかどうか。強いチームにはそれがある。僕はその場所をしっかり築いていきたい」
 
 思うように結果が出ないと次々に選手を入れ替えたり、システムやチーム戦術を変えて、逆に墓穴を掘るといった例が少なくない。だが、コーチ時代に広島やG大阪で数々のタイトルを手にした経験を持つ指揮官は、辛抱強かった。
 
 波に乗れない序盤戦を乗り越え、6月の声を聞くころにはチーム状態は上向き、着実に勝点を積み重ねていくようになった。
 
「いくつかの要因があるが、僕がチームのこと、選手のことを理解しはじめた、逆に選手たちも僕がどういう監督で、どういう指導法、ゲームプランで戦うのか理解したんでしょうね。毎日の練習の積み重ねで、一人ひとりが自分の役割を理解し、状況に応じた判断と質が向上していった」(片野坂監督)
 
 パスワークとカウンター、速攻と遅攻を上手く使い分けられるようになったのは大きかった。相手がパスをつなげば前線からプレッシャーを懸け、ロングボールを多用してくれば中盤の枚数を厚くしてセカンドボールを拾う。試合の状況に応じた判断が、対戦相手より上回るようになった。
【関連記事】
高松大樹がホームラストマッチ。次節現役最後の試合はJ2昇格へ「天国か地獄になる」
【日本代表】金崎夢生、清武弘嗣、森重真人、西川周作…最終予選の鍵を握る「大分出身カルテット」が育った背景とは?
【J2全試合採点|42節】札幌がJ2制覇!! 清水が怒涛の9連勝で自動昇格、松本は白星もプレーオフへ
【CS準決勝|この一枚】取り戻した“夢生スマイル”。「良いプレーをするなら」とハリルも代表復帰を示唆?
【セルジオ越後】川崎には「勝つ文化」がない。鹿島とは対照的だったね

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ