【日本代表】本田の質と判断が生んだ日本の2点目。「ブレーキ」をかける背番号4の力は必要だ

カテゴリ:日本代表

清水英斗

2016年11月16日

大一番のサウジ戦、ハリルホジッチはふたつのチームを用意した。

後半開始から出場した本田は、攻撃のリズムを明らかに変えた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ロシアW杯アジア最終予選]日本 2-1 サウジアラビア/11月15日/埼玉

 アジア最終予選、ホームのサウジアラビア戦。日本代表がハイプレッシングとスピードあるカウンターで攻め立てる前半に、本田圭佑の居場所はなかった。
 
 素早くボールを奪い、縦へ、縦へ。アグレッシブに仕掛ける。ミスも多かったが、サウジアラビアの間延びしたディフェンスをひたすら崩して行く。

 この攻撃に「なぜ、下げるんだ!」「なぜ、打たないんだ!」というストレスは、ほとんど感じなかった。唯一、初招集で抜てきされた久保裕也には少し感じたが、この短い準備期間を考えれば、仕方がない。
 
 そして、1-0で日本代表がリードして迎えたハーフタイム。ハリルホジッチは久保に代えて、本田圭佑を投入した。
 
 コンディションの良い選手を集めたとはいえ、あのハイペースの前半が、90分も持つはずがない。後半は一転、ファーストディフェンスの位置を下げ、4-4-2でサウジアラビアを待ち構え、試合のペースを落としてコントロールする戦術に切り替えた。ゲームプランが明確なハリルホジッチらしい采配だ。
 
 さらに64分、清武弘嗣に代えて香川真司を投入。かつての中心メンバーが、逃げ切り要員として起用されていく。この試合、ハリルホジッチはふたつのチームを用意した。相手を激しく攻め立てる前半のチームと、試合を落ち着いてコントロールする後半のチーム。この2面性が、サウジアラビア戦では重要だった。
 
 象徴的なシーンは、80分に決まった原口元気のゴール。日本の2点目のシーンだ。
 
 中央でボールを持った本田に対し、山口蛍が勢い良く、裏のスペースへ駆け抜けた。オマーン戦でも見られた、長駆の飛び出しだ。
 
 しかし、本田はパスを出さない。なぜ、出さないんだ!と誰もが思っただろう。本田は足を止め、近くにいた原口にボールを渡して、左サイドへ。こうなると、いかに切り替えが遅いサウジアラビアでも、さすがに帰陣してくる。日本のカウンターチャンスは、潰えた。前半のハイリズムに慣れた観客からは「えぇー!」とも「あー…」とも聞こえる、ガッカリ感が伝わってきた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ