【福岡】名門サントスで要職を務めたブラジル人TDがフロント入り。チーム編成はどう変わる?

カテゴリ:Jリーグ

中倉一志

2016年11月15日

改革は第2ステージに突入。チーム強化のステップへ。

クラブ全般に関わることになるカルロス氏。どんなチーム編成をするのか注目が集まる。写真:中倉一志

画像を見る

 福岡のチーフディレクターに、ブラジル人のカルロス・エイキ・バプチスタ氏が就任した。カルロス氏は、名門・サントスのスーパーバイザーなど様々なクラブで要職に就き、タイトル獲得に貢献。サントスでは、2011年に南米クラブ王者を決めるリベルタドーレス杯を制した。

 Jクラブにおけるブラジル人のフロント入りは珍しいことだが、福岡にとってこれは、アパマンショップホールディングス社が推し進める経営改革が第2ステージに入ったことを意味する。
 
 川森敬史代表取締役社長は、2年前の就任以降、積極的にクラブ改革を進めてきた。内容の中心は、曖昧になっていた社内体制を、あるべき姿に戻すというものだった。それは、200社に満たなかったスポンサー数を1502(11月3日現在)社に増やすとともに、2014年度は5062人だった平均入場者数を12857人(2016年)までに押し上げるという成果をもたらした。
 
 そして次のステップは、サッカークラブとしての基礎固めをして行くこと。カルロス氏招聘の理由を、「100億円クラブを目指していく過程で、日本だけではなく、世界的な知見を持ったメンバーがいるといいなという中で、ご縁をいただいた」と川森社長は話す。
 
 カルロス氏も「チームの管理もしますし、チーム全体に加えて、アビスパ福岡全体も見させていただくことになると思う。財政的な部分や、クラブの施設等については、非常にいいものがあるので、ピッチの中で結果を出していければ、ビッグクラブの仲間入りはできると考えています」と話した。チーム編成はもちろん、クラブ経営全般において、サッカークラブとして成功するために手腕を発揮することになる。
 
 とりわけ注目されるのは、チーム強化の部分だろう。経営改革1年目においてJ1昇格を果たした福岡だが、チーム力という点では、まだまだ力不足であることは否めず、1年でのJ2降格という結果を招いた。
 
 最大の原因は、J1に定着しているクラブとの間にある選手のクオリティの差。当然、J1を戦うにあたって戦力補強はしたが、十分とは言えなかった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ