【藤田俊哉の目】動きは重い本田だが経験値は最大級。サウジ戦での起用法に注目

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年11月13日

2次予選レベルのオマーンを相手にプレーが急ぎすぎていた。

オマーン戦ではややミスも目立っていた本田。サウジ戦での起用法に注目が集まる。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ロシア・ワールドカップのアジア最終予選、大一番となるサウジアラビア戦を4日後に控えるなか、日本はオマーンとの親善試合に4対0で勝利した。
 
 オマーン戦の焦点は、仮想サウジ戦だったはずだけど、残念ながら、本番を想定したテストとしてはまったく歯ごたえがなかった。攻守両面のあらゆる部分でオマーンと日本の差は明らかで、スパーリングパートナーとして、あまりにも物足りないという印象を受けた。
 
 一方で、この試合での日本はあまりにもミスが多すぎた。選手個々がアピールしなければいけないという焦りがあったのか、2次予選レベルのオマーンを相手に、急いでプレーしていた感じだ。スピードに乗ったプレーをしなければゴールをこじ開けることができないのは現代サッカーの常識ではあるものの、スピード一辺倒ではフットボールとしての美しさに欠けてしまう。
 
 ゲームをコントロールするという点で、この日の日本代表には工夫が足りなかった。“緩急”という言葉があるように、“急”ばかりを求めるのではなく、“緩”の部分を意図的に作り出すゲームメーカーが欲しかった印象だ。かつての遠藤保仁のような指揮者がいたら、オマーンをもっと簡単に“いなす”ことができたのではないかな。
 
 とはいえ、このオマーン戦の位置付けはあくまでサウジアラビア戦前のテストだ。戦前、「あまり(代表で)プレー機会のない選手や、海外で試合に出られていない選手にチャンスを与えたい」と指揮官がコメントしていたように、個々のコンディション、新戦力チェックがメインとするならば、大迫、小林のふたりはアピールに成功したと言えるだろう。
 
 ケルンでレギュラーとしてプレーしている大迫、今夏からヘーレンフェーンに移籍して同じく定位置を掴んでいる小林は、所属クラブでの好調ぶりがそのままピッチに出ていた感じだったね。相手のレベルの低さに目をつむったとしても、いかなる試合においてもしっかりと結果を残すのが一流選手というものだから。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ