【名古屋】気になる楢崎の去就動向。「前所属・横浜フリューゲルス」が残留への後押しになるか

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2016年11月12日

「横浜フリューゲルスの名前を“スタメン表”から消したくない」

楢崎は名古屋に残るのか。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 かつて名古屋でインタビューをした際、楢崎はこんなことを言っていた。「横浜フリューゲルスの名前を“スタメン表”から消したくないんですよね」。
 
 楢崎の言う「スタメン表」とは、Jリーグなどの試合でメディア用に配られるメンバーリストを指す。その「前所属クラブ」の欄に唯一、「横浜フリューゲルス」と記されているのが楢崎なのである。
 
 横浜フリューゲルスとは、Jリーグ元年の93~98年まで日本プロサッカーリーグに加盟していたクラブ。当時の出資会社の撤退などでクラブ存続が厳しくなり、横浜マリノスに吸収合併される形で事実上消滅することになったわけだが、横浜フリューゲルスとして戦った最後の大会・天皇杯では優勝という伝説を残した。
 
 現役選手として“フリューゲルス最後の生き残り”である楢崎はもちろん、自身が名古屋を退団すると「横浜フリューゲルス」がスタメン表から消滅してしまうことを理解している。

 もしかすると、「前所属・横浜フリューゲルス」が名古屋残留への後押しになるか。

11月10日発売号は原口元気選手の巻頭インタビューに加えて、本誌恒例の「“最新”移籍相関図」をお届けします。これを読めばストーブリーグの見どころが丸わかり! またクラブダイジェストはJ2の松本山雅です。

画像を見る

【関連記事】
【オマーン戦戦評】本田は“ハーフタイムプレーヤー”に成り下がったのか
【日本代表】“本田外し”に本人が反論。「今の時点で自分が外される理由がない」
名古屋降格について、本田の心境は? 「ナラさんは引退も視野に入れているだろうし…」
【日本代表】古巣・名古屋の降格に吉田が胸中を告白。「落ちることが悪いとは思わない、とは僕は思わない」
J2降格の名古屋の“解体”が加速。生え抜きの小川ら新たに9選手の契約満了を発表

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ