【J2速報】大前、鄭のアベック弾ならずも清水が破竹の7連勝!! 首位札幌に勝点3差に迫る

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年11月06日

首位札幌が敗れれたため、上位2チームとの勝点差は「3」に。

エースの大前(10番)にゴールは生まれなかったが、清水は讃岐を下して7連勝。上位2チームに勝点3差に迫った。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J2・40節が6日に行なわれ、3位の清水は讃岐を2対1で下した。

 敵地に乗り込んだ清水は試合序盤から主導権を握るものの、5バックで自陣を固める讃岐を崩しきれない。36分には、左サイドを駆け上がった松原が鋭いシュートを放つも右ポストを直撃。跳ね返りを大前が詰めたが、DFにクリアされてしまう。

 しかし38分、左サイドの高い位置へ侵入した竹内のクロスから鄭が頭でつないだボールを最後は枝村が決めて先制に成功。前半を1点リードしてハーフタイムを迎えた。

 後半立ち上がりは讃岐の反撃を受けたが、47分の高木のシュートはGK植草がセーブ。その後もセットプレーやクロスからゴール前に迫られたが、CB角田を中心に難なく跳ね返した。

 すると54分、清水は大前のパスを起点に、右サイドを破った枝村のクロスを最後は鄭が押し込み追加点。リードを2点に広げた。

 その後、二度迎えたピンチはGK植草の好守で防ぐと、途中出場の北川、村田を中心にさらにゴールを目指したが3点目を奪えないまま試合は終盤に突入。87分に1点を返されたが最後まで1点のリードを守り切り、34節のC大阪戦から続く連勝を「7」に伸ばした。

 他会場では、2位松本が勝利した一方、首位の札幌が徳島に1-2で敗戦。勝点78とした清水の順位は変わらずも、上位2チームに勝点3差と肉薄している。

10月27日発売号の特集は「注目株30人の去就予測」。果たして、この冬に動くのは誰なのか? またクラブダイジェストは浦和レッズです。

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ