【J1】ラスト3節の対戦相手も丸分かり。“優勝&CS出場権争い”の見どころは?

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2016年10月19日

ステージ優勝だけでは大きなメリットが得られない。

浦和は次節、新潟と対戦する。

画像を見る

 第2ステージの優勝争いと言っても、もしかしたら一部の選手たちはピンときていないのかもしれない。実際、10月1日のJ1・第2ステージ14節でG大阪に4-0と大勝した浦和の柏木陽介も、次のようにコメントしていた。
 
「引き分けでもいいというスタンスで試合に臨んでいる。たとえ川崎が勝っても、うちが負けなければチャンスはありますから。(中略)慌てない、攻め急がない。今は追いかけている立場なので、落ち着いてプレーできている」
 
 G大阪戦の前から浦和が第2ステージで首位に立っていながら、なぜ「今は追いかけている立場」なのか。柏木のコメントはつまり、年間勝点を意識したものなのだ。
 
 年間勝点は第2ステージ残り4節の時点で、川崎が1位、浦和は2位だった。そのうえ、浦和がG大阪を下した段階で同日のナイトゲーム・神戸×川崎戦はまだ行なわれていなかったので、柏木は「追いかけている」と言ったのだ(その後、川崎が神戸に敗戦。年間勝点で浦和が1位に)。
 
 昨季以上に年間勝点を重視したレギュレーションに変更された今季のチャンピオンシップ(以下CS)は、ステージ制覇しただけでは大きなメリットが得られない。
 
 CSの大会方式に目を向ければ、「年間勝点1位のチームは常に決勝へシードされる」、「準決勝と1回戦の試合会場は年間勝点上位チームをホームにする」ところまでは昨季と同じなのだが、「勝敗の決定方法」が違う。
 
 一発勝負の1回戦と準決勝のそれは、「90分間(前後半各45分)の試合を行ない、勝敗が決しない場合は年間勝点上位チームを勝者とする」。ホーム&アウェー方式の決勝のそれは、「2試合が終了した時点で勝利数が多いチームを優勝とする。2試合が終了した時点で勝利数が同数の場合には、次の順で決定する。①2試合の得失点差、②2試合におけるアウェーゴールの差、③年間勝点1位チーム」というものだ。
 
 昨季からの変更点をひと言で表わすなら、「延長戦の廃止」になる。昨季のCS準決勝では年間勝点3位のG大阪が埼玉スタジアム2002で同2位の浦和を延長戦の末に下したが、90分間(決勝は180分間)で決着がつかない時点で年間勝点上位チームの勝利になる今季は理論上、いわゆる下剋上が起きにくい。
 
 リーグチャンピオンへの近道は年間勝点1位──。となると、年間勝点ですでに3位以内を確定し、CSの出場権を手にしている浦和と川崎にとっては第2ステージ優勝よりも年間勝点1位のほうがプライオリティは高いはずだ。
 
 1位・浦和と2位・川崎の年間勝点差は、残り3節でわずかに“1”。リーグ4連勝中の浦和がこのまま逃げ切るのか、直近の5試合は勝ち負けを繰り返す川崎が勢いを取り戻して巻き返すのか。リーグ終盤の最大の見どころは、年間勝点1位の座を巡る両雄のデッドヒートになる。
 
 次の15節が行なわれるのは10月22日。代表戦(同6日のイラク戦、同11日のオーストラリア戦)、ルヴァンカップ(同5日、同9日の準決勝、15日の決勝)を挟んで再開されるわけだが、3週間に及ぶこの“中断期間”の過ごし方も浦和と川崎の命運を分ける大きなターニングポイントになるかもしれない。

浦和と川崎のデッドヒートは見逃せない。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月5日発売
    欧州サッカーの1年を凝縮!
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の保存版をお届け
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月27日号
    6月13日発売
    久保建英は欧州へ旅立つ?
    「夏の㊙移籍ファイル」
    テーマ別に総チェック!
    大宮&大分特集も必見
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月6日発売
    欧州強豪の思惑は?
    夏の移籍マーケット最前線
    コパ・アメリカ選手名鑑に
    マンC特別付録も必見!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ