「僕たちは日本の罠にハマってしまった」同点PKの豪州MFジェディナクが後悔

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年10月12日

「僕たちは勝利に値する唯一のチームだった」とコメントも。

PKで同点ゴールを挙げたジェディナクは、アンカーとしてオーストラリアの攻守のバランスを取った。(C) Getty Images

画像を見る

 10月11日、ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選のオーストラリア対日本が行なわれた。
 
 5分、原口元気が本田圭佑とのワンツーで抜け出し、日本に先制弾をもたらす。しかし、その原口が51分にペナルティーエリア内でトミ・ユリッチを倒してPKを献上。これを52分にマイル・ジェディナクに難なく決められて、同点となった。
 
 その後、オーストラリアが押し込む時間が続いたものの、日本はなんとか耐え凌ぎ、試合は結局1-1のドロー決着となった。
 
 試合後、同点弾を決めたオーストラリアの主将ジェディナクは、アメリカメディア『フォックススポーツ』の取材に対し、「最初から押し込もうと考えていた。だけど、僕らも落ち着きすぎていたし、日本は本当に忍耐強く、深く引いて多くのプレッシャーをかけてこなかった」と応え、押し込みながらもゴールを奪えなかった前半を振り返った。
 
 さらに、「僕らは日本の出方をみるように指示された」とハーフタイム中の出来事を明かしたジェディナクは、「上手く立て直せた。残念ながら勝つことはできなかったけど、僕たちは勝利に値する唯一のチームだった」と後半の出来を自画自賛した。
 
 一方でジェディナクは、以下のように語って悔しさを滲ませた。
 
「僕らが悪かったとは思わないが、日本の罠にハマってしまった。それは僕たちの認識の甘さからくるものだ。間違っていたね。僕たちはそういった考えを改めていくつもりだよ」

【オーストラリア 1-1 日本|PHOTOギャラリー】原口の3戦連発弾で先制するもPKで悔しい引き分け…
【関連記事】
【日本代表】原口が明かした“あの”PK判定について。「『危ない』と思って戻ったが…」
【釜本邦茂のガマッチョ診断】輝けない香川は置いたまま? なぜ清武を初めから使わなかったんだ!
【セルジオ越後】臆病なサッカーにがっかりした。見ていて正直恥ずかしかったよ
【日本代表】これぞアウェーの洗礼!? 無数のカモメが飛来。選手たちの反応は?
金田喜稔がオーストラリア戦を斬る!「香川スタメン、清武ベンチはハッキリ言って理解ができない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト 最終登録メンバーを網羅!
    11月18日発売
    最終確定版!!
    カタール・ワールドカップ
    出場32か国
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ