【日本代表】デュエルを制した吉田、豪州と悔しいドローに「代表は今苦しい時期に差し掛かっている」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年10月11日

失点はPKの1点のみ。守備の出来には満足感を示す。

代表が「苦しい時期」にあると語った吉田は、11月の次戦に向けて強く意気込んだ。 写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本1-1オーストラリア/10月11日/メルボルン
 
 開始5分に本田との連係から原口が先制した日本は、その原口が52分にPKを献上。ジェディナクに難なく沈められ、試合は1-1で終了した。
 
 グループ最大のライバルとのアウェーゲームで、日本はPKによる失点以外は許さなかった。その守備の主軸を務める吉田麻也は、試合後のインタビューで「守備に関しては上手くできていた」と振り返った。
 
 ただ、同時に吉田は「オーストラリアも簡単には勝たせてくれない。ホームでは必ず倒したいです」と強敵相手にする難しさを口にした。
 
 また、岡崎や長友など故障者を多く抱えたなかでの一戦となったことについては「代表は今苦しい時期に差し掛かっている」と苦しい台所事情を吐露。しかし、「けど、この苦しい時期を乗り越えて、ワールドカップへの切符を掴みたい」と気丈に前を向いた。
 
 1か月後の代表戦に向けては、「自分たちのチームで、各々がしっかりとコンディションを整えて、万全の状態で合流できるようにしたい。ホームで勝って年内の代表戦を終えたい」と意気込んだ。
 
 なお、日本は11月11日に親善試合・オマーン戦を戦い、同15日に埼玉スタジアムで行なわれるサウジアラビアとの試合で、年内の代表戦を締めくくる。

【PHOTOギャラリー】日本が原口の3戦連発弾で先制も、PK献上でオーストラリアと引き分け…
【関連記事】
【日本代表】引き分けを悔やむハリルホジッチ監督「本田のパフォーマンスがもっと良ければ勝てた」
【釜本邦茂のガマッチョ診断】輝けない香川は置いたまま? なぜ清武を初めから使わなかったんだ!
【日本代表】歓喜のち落胆。“主役”の原口は「先制点は監督に何度も言われた形」も「責任を感じます」
金田喜稔がオーストラリア戦を斬る!「香川スタメン、清武ベンチはハッキリ言って理解ができない」
【日本1-1豪州|採点&寸評】不調の香川を最後まで起用したのは疑問。先制した前半は理想的だったが…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ