【日本代表】引き分けを悔やむハリルホジッチ監督「本田のパフォーマンスがもっと良ければ勝てた」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2016年10月11日

「勝点1(を獲得した)というよりは、勝点2を失った試合」

先制点を奪うも、結果はドロー。ハリルホジッチ監督は、勝点3獲得を逃したことを悔やんだ(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]オーストラリア1-1日本/10月11日/ドッグランズスタジアム

 ロシアワールドカップのアジア最終予選・第4節。日本代表は1-1でオーストラリアと引き分けた。開始早々の5分の原口元気のゴールで幸先良く先制点を奪うも、52分にPKで失点し、このままドロー。敵地で勝ち切ることができなかった。

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は試合後のインタビューで、「勝点1(を獲得した)というよりは、勝点2を失った試合ですね。我々はしっかりオーガナイズして、オーストラリアにチャンスを作らせなかったと思います。2、3回はゴールを取るチャンスもありました。ただ、選手は素晴らしい試合をしました。タクティックもしっかり管理してくれましたね。このような試合でものすごいフレッシュさ、スピードがあったら勝ったかなと思います」

 指揮官は前節のイラク戦と代わり、香川真司をトップ下、小林悠を右ウイング、本田圭佑をCFに起用。その布陣変更について、意図を語った。

「少しタクティックでサプライズを起こそうという意図でした。それで効果的になるようにということでしたけども、本田のパフォーマンスがもっと良ければ、この試合は勝てたと思います」

 先制点をアシストするなど前半こそ攻撃の軸として機能するも、後半に入って完全に息切れした本田に、そう苦言を呈し、勝利を逃した悔しさを滲ませた。

【PHOTOギャラリー】日本が原口の3戦連発弾で先制も、PK献上でオーストラリアと引き分け…
【関連記事】
【日本1-1豪州|採点&寸評】不調の香川を最後まで起用したのは疑問。先制した前半は理想的だったが…
【日本代表】本田圭佑は久々のCFで1アシストも「正直悔しい」とドローを惜しむ
【日本代表】笑顔なしの長谷部。「勝点3を獲りたかった。次戦の勝利はマスト」
【日本代表】歓喜のち落胆。“主役”の原口は「先制点は監督に何度も言われた形」も「責任を感じます」
【日本代表】デュエルを制した吉田、豪州と悔しいドローに「代表は今苦しい時期に差し掛かっている」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ