ELで格下にまさかの完敗。課題だらけのインテルの現状

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2016年09月16日

指揮官の迷いが窺えるバネガの起用法。

先発フル出場を果たした長友(中央)。前半は2度のクロスを供給するなど効果的な攻撃参加を見せたものの、後半は見せ場を作れなかった。(C)Getty Images

画像を見る

 インテルの迷走が続いている。
 
 9月15日に開催されたヨーロッパリーグ1節のハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)に、0-2で敗れたのだ。19年ぶりの欧州カップ戦出場となる格下相手に、ホームで黒星を喫したダメージは小さくない。
 
 序盤からボールを支配しながら、決定機はほとんど作り出せず、前半のそれはエデルの強烈なシュートがポストを叩いたシーンぐらい。むしろ、敵のカウンターからピンチを招く場面のほうが目に付いた。
 
 後半から温存していた司令塔エベル・バネガをピッチに送り出したものの、状況は変わらず。逆に、54分にセットプレーからあっさり先制を許してしまう。
 
 フランク・デブール監督は、ここで右ウイングのジョナタン・ビアビアニーに代えて新加入のアントニオ・カンドレーバを投入する。サイドからの崩しに期待したこの交代も、まったく効果をもたらさなかった。
 
 69分には、ハポエル・ベエルシェバのMFマオーロ・ブザグロに直接FKを叩き込まれ、ビハインドは2点に。たまらず主砲マウロ・イカルディを投入したものの、時すでに遅し。反撃するどころか、終盤はピンチの連続だった。
 
 これで今シーズンの公式戦は、1勝1分け2敗。唯一の白星を挙げたペスカーラ戦(セリエA3節)も後半ロスタイムのイカルディのゴールで何とか逆転したとはいえ、敗れてもおかしくない内容だった。
 
 就任して1か月のデブール監督は、3-5-2、4-3-3、そして4-2-3-1と様々なシステムを試行錯誤しているが、いずれも機能したとは言い難い。とくに迷いが見て取れるのがバネガの起用法で、トップ下に置くのか、中盤の底でレジスタとして起用するのか、決めかねているのが現状だ。
 
 また、最後の30メートルで局面を打開するクオリティーとアイデアに欠けるという昨シーズンからの課題も、いまだに解決していない。
 
「ゲームを支配していたが、失点によって混乱してしまった」
 
 指揮官がハポエル・ベエルシェバ戦後に語った通り、リードを奪われた途端にバタバタしてしまう悪癖も相変わらずだ。
 
 9月18日には、ユベントスをホームに迎える大一番(セリエA4節)が控えている。開幕3連勝と盤石な絶対王者を相手にデブール監督が講じる手は、はたしてあるのだろうか。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
【EL】マンU、インテルが敗れる波乱! & 日本人選手は6人がプレー
レスターがマハレズの2発などでベルギー王者を撃破! クラブ史上初のCLで大勝スタートを切る!
歴史的1勝をスタンドから見つめた岡崎。ラニエリが明かしたベンチ外の理由とは
【ドルトムント】CLで躍動したライバルたち…欠場した香川への影響の程は?
【ミラン番記者】少しだけ光明を見出した本田に最適のポジションは!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ