【連載】小宮良之の『日本サッカー兵法書』其の八十八「“戦術に順応する”ということの真の意味を理解できているか!?」

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2016年09月14日

メッシが2キロ多く走ったところで、何の意味もなさない――。

なぜ走るのか? 全ての動きは、“戦術のため”ではなく、“勝利のため”のものでなければならない。 (C) Getty Images

画像を見る

 サッカー選手は、どのようにして自分の特性をチームのなかで活かすのがベターなのか?
 
 それを突き詰めることが、いわゆる戦術に繋がる。
 
 戦術とは、数字やシステムを指すのではない。敵との対峙であり、味方との連係を意味する。サッカーは集団競技であり、常にゲームが動くだけに、選手は味方との連係や敵との関係なしでは、どんな局面でも生きられない。
 
 例えば、「右SBが攻め上がったら、右ボランチがカバーする」という動きが淀みなくできるか。そのオートマチズムに、戦術の極意はある。そこで選手は、チームとしての動き方=戦術に順応する必要がある。その時に、プレーインテリジェンスが問われるのだ。
 
 言い換えれば、チームによって選手は違う顔を見せることになるわけだが、選手そのものが戦術になるとも言える。
 
「レオ(メッシ)の走行距離が少ない? たとえ、彼が2キロ多く走ったからといって、それはチームの助けにならないよ」
 
 リオネル・メッシはもっと走るべきだ、という意見に対し、バルセロナでチームメイトのイバン・ラキティッチは、真っ向から反論している。
 
「レオがチームを救うのは、ここぞという攻撃の場面で敵を痛めつける時さ。彼はその点で、他にはない能力を持っている。走るべき時は走っているよ。状況を正しく選択してね。その判断が彼のプレーベースで、バルサのなかでは何の違和感もない」
 
 彼はまた、「どこかのチームは、“走るために走る”ことを強要するかもしれないが、バルサでは、走ることがプライオリティーではない。大切なのは、いかに質の良いランニングをするかだよ」とも付け加えた。
 
「レオが1対1で持っているスキルを出せれば、それで数的有利を作り出してしまう。それはチームにとって、戦術的に大きなアドバンテージになる。たとえ1対1で負けたとしても、僕らが後ろから取り返せば、次こそはレオが決めてくれるのさ」
 
 こうした信頼関係のなかで、メッシは縦横無尽のプレーができるのだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ