「頑張ってフロンターレ」と突き放した大久保。「俺は絶対に点を取れない」と嘆いた真意とは?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年07月24日

「真ん中から攻めようという意識がない」。大久保はストレートに不満を述べた。

ノーゴールに終わった大久保は、「すぐにサイドに行っちゃう。こっちとしては、すごくやり甲斐がない」と中央からの攻撃が少なかったことを嘆いた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「俺は絶対に点を取れないよ。ディフェンスを頑張るしかない、もう。頑張ってフロンターレ」
 
 この試合もノーゴールに終わった大久保嘉人は、なんとも突き放した言葉を残してミックスゾーンを去った。「俺は絶対に点を取れない」「ディフェンスを頑張るしかない」という、らしくない発言の後に「頑張ってフロンターレ」。まるで他人事だ。『今のフロンターレは、本当のフロンターレじゃない』。大久保は、そう言いたかったのかもしれない。
 
 ホームにFC東京を迎えた多摩川クラシコは、1-0で勝点3を得た。しかし、20本のシュートを放ちながら、1点に終わった攻撃陣に冴えはなかった。その理由を、大久保は以下のように説明する。
 
「真ん中から攻めようという意識がない。俺がポストプレーをやったり、下がって叩くと、そこで(シュートを)打っちゃう。崩し切る前に終わっちゃう。だから、自分がただ下がっているだけに見えてしまう。でも、自分がやっていることは(以前と)変わってないから」
 
 FC東京は、中盤と最終ラインの8枚でがっちりと守備を固めてきた。その影響で「中央を攻めにくかったのか?」との問いには、こう答えた。
 
「中から攻められるよ、今日とかも。ただ、ビッグチャンスが作れないと、すぐにサイドに行っちゃう。こっちとしては、すごくやり甲斐がないというか、『あれ? 俺は何してるんだろう?』って思ってしまう」
 
 大久保自身は、ゴールを量産していた昨シーズンや今シーズン序盤と同じ動きをしていると強調する。それでも自分の結果が出ていないのは、周囲の選手の消極性が大きく関係しているというのだ。
 
「自分が引いてボールを受けた時は、前を向いて危険なところに(パスを)出して、(動き直して)危険なところに行くけど、そこまでボールがこないからね。サイドにボールが行っちゃうから。安牌に行っちゃう。前に入るんだけど、1回下げてそこからゆっくりしちゃう」
 
 おそらく、この意見はFC東京戦に限ったことではないのだろう。ここ最近、大久保は下がってボールを受ける場面が増える一方で、本来の持ち味であるゴール付近での仕事が減っている。事実、直近3試合でゴール数はゼロ。第2ステージに入ってからの5試合では、名古屋戦での1ゴールしかない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ