【現地発】15年来の育成の賜物――躍進アイスランドの物語は終わらない

カテゴリ:国際大会

熊崎敬

2016年07月04日

この楽しい祭りを終えたくない――サポーターは歌い続けた。

選手、サポーターともに、多くの話題を提供したアイスランド。2年後、彼らはさらに強さを増して世界の舞台に姿を現わすだろうか。 写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 初出場アイスランドの冒険は、ベスト8で終止符が打たれた。
 
 前半で4-0と勝負は早々と決まってしまったが、そうなったのも無理はない。
 
 スタメンは過去4試合と全く同じ。選手層が薄いこともあって同じメンバーで戦ってきたが、さすがに疲労は隠せなかった。
 
 序盤からボールへの反応が鈍く、フランスの出足とテクニックに揺さぶられた。
 
 スタメンの顔ぶれとともに、過去4試合のアイスランドには興味深いデータがある。
 
 全ての試合でボール支配率が30パーセント台ということだ。つまり、押し込まれるのは彼らのリズム。だが12分、20分と早い時間帯に立て続けに失点したことで、根競べをする以前に、フランスの勢いに飲み込まれてしまった。
 
 もっとも、アイスランドが好印象を残したことは疑いない。
 
 前半の大量失点で言葉を失っていたサポーターたちは、後半になると再び迫力溢れる応援を繰り広げ、チームを奮い立たせた。
 
 チームも、この大声援に応える。
 
 積極果敢にフランス陣内に攻め込み、56分にシグソールソンが、83分にB・ビャルナソンがゴールを決め、サポーターたちを狂喜させた。すでにチームは偉業を成し遂げていたが、そのことに満足せず、最後までアイスランドらしさを貫いた。
 
 試合後、アイスランドのサポーターたちは、すっかりお馴染みになった「ウッ!」の手拍子で選手たちを讃えた。雨のサンドニに、サポーターたちの歌声がこだまする。
 
 選手たちがピッチを立ち去った後も、アイスランドのサポーターたちはスタンドに残り、この夏に定着したコールを延々と繰り返した。この楽しいお祭りを終えたくない、という気持ちが痛いほど伝わってきた。
 
 選手たちも、その気持ちは同じだったのだろう。背番号10のG・シグルドソンは再びピッチに戻り、サポーターにスパイクをプレゼントして別れを惜しんでいた。
 
 国中を熱狂させたアイスランドのEUROは終わった。だが、物語には続きがあるかもしれない。
 
 アイスランドの躍進は決してフロックではない。この15年来の選手、指導者の育成の賜物。サッカーが伸びていく下地は、すでにできているからだ。
 
 ひたむきなバイキングたちは、2年後のロシア・ワールドカップに再び襲来するかもしれない。
 
現地取材・文:熊崎 敬

【PHOTOギャラリー】アイスランドの健闘も及ばず。フランスが大量得点で快勝!
【関連記事】
大敗のアイスランド「ファンを誇りに思う」と清々しくEUROを去る
2ゴールで殊勲の活躍を見せたジルーが「最後まで諦めなかった」とアイスランドを称賛
【フランス 5-2 アイスランド|採点&寸評】前半に攻撃力爆発のフランス! 最高殊勲者は2ゴールのジルーだ!!
グリエーズマンが卓越した煌めき。得点王争いトップの1ゴール、さらには2アシスト!
【EURO2016】決勝トーナメント全試合の日程・結果&記事一覧
【UEFA EURO 2016】全51試合を連日生中継! WOWOW放送スケジュールはこちら!!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ