【リオ五輪】中島翔哉が語るオリンピック必勝法。「“そこ”に頼りすぎてもダメ」

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2016年07月01日

「個人で勝負しないのは違う」

リオ五輪代表に選ばれた中島。「サッカーを楽しみたい」と意気込みを語っていた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 メンバー発表当日の中島は、その喜びを訊かれても表情を崩さない。いつもと変わらぬ淡々とした口調で次のようにコメントしていた。
 
「メンバーに選ばれて嬉しいですし、責任もある。楽しんでサッカーをしたいと思います。発表前も特に緊張はなくて、普通でしたね、たぶん。良いプレーをして、勝ち続けて、メダルを獲りたいです」
 
 中島にとって「楽しむ」というのはいわゆる常套句。ただ、勝つだけでは意味がない。楽しんで勝たないと意味がないというのが、このテクニシャンのモットーなのだ。
 
 しかし、決して独り善がりのプレーを好んでいるわけではない。今回のリオ五輪を勝ち抜くうえでも、中島はチームワークが重要だと言っていた。
 
「日本の組織力、チームとしてのまとまりを出せれば、勝てるチャンスが膨らむ。個人としては攻撃面で違いを出して、毎試合ゴール、アシストだったり、そういうプレーをやらないといけないです。やっぱり組織がないと日本は勝てない。チーム力というか、そういうものは絶対に必要。オーバーエイジの選手と話し合うことも大事です。ピッチで要求しあえば、良さも分かってもらえるはずです」
 
 協調性を重視しているからこそ、背番号へのこだわりも特にない。FC東京には北京五輪で10番を付けた梶山、ロンドン五輪で同じく10番を付けた東がいるが、「背番号は手倉森監督が決めることですし、どの番号でも活躍しないとダメ。常に活躍できる選手にならないとダメだと思います」
 
 ただ、中島はチームワークだけで勝てるとは考えていない。理想は、個と組織の融合だ。
 
「組織力に頼りすぎて、個人で勝負しないのは違う。やはり、その両方を出していけたらと思う。開催地のブラジルはサッカー大国なので楽しみ。観客もいいプレーをすれば盛り上がってくれると思う。過酷な環境だけど、それに打ち勝っていきたい」
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ