【ハンガリー 3-3 ポルトガル|採点&寸評】全得点に絡んだ殊勲のC・ロナウドがMOM、2ゴールのジュジャークも同採点

カテゴリ:国際大会

手嶋真彦・遠藤孝輔

2016年06月23日

選手全員のハードワークが光り、常に先手を取って首位通過!

警告:ハ=グズミチュ(13分)、ユハース(28分)、ゲラ(34分)、ジュジャーク(56分) (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

戦前はグループ中最低の評価だったハンガリーが、強国にも対等に渡り合って首位通過。まさに偉業だ。 (C) Getty Images

画像を見る

【ハンガリー|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 6.5
恒に先手を取る試合運びを披露。ポルトガル優勢の時間帯でも、安易なクリアに逃げず、最後尾のキラーイからしっかりボールを繋ぐスタイルを貫き、堂々の首位通過を果たした。光ったのは、選手全員のハードワークだ。
 
監督 ベルント・シュトルク 6.5
2戦目までに警告を受けていたクラインハイスラーやナジら、好調の主力を温存しながら、格上とのドローに導く。
 
【ハンガリー|選手採点&寸評】
GK
ガボル・キラーイ 6
3失点はほぼノーチャンス。29分にC・ロナウドのFKを冷静に防ぎ、攻撃時は正確なショートパスを多用した。
 
DF
アダム・ラング 6
守→攻への切り替えが速く、しばしば速攻の起点に。対峙したA・ゴメスを封じ、右サイドを安定させていた。
 
20 リハールド・グズミチュ 5.5
左SBコルフトとの連係不足もあり、やや安定感を欠く。前半はファウルを厭わない激しい守備が際立った。
 
23 ロランド・ユハース 5
28分に受けた警告にも怯まず、身体を張り続けた。減点材料はC・ロナウドへの寄せが遅れた3失点目の守り。
 
ミハーイ・コルフト 5
サイドに流れてくるナニや途中出場のカレスマの対応に苦しんだ。攻撃での貢献がほとんどなかったのも残念。
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ