• トップ
  • ニュース一覧
  • 清武の獲得は、敏腕SD“モンチ”の肝煎り。地元セビリアから懐疑的な声は一切聞こえてこない

清武の獲得は、敏腕SD“モンチ”の肝煎り。地元セビリアから懐疑的な声は一切聞こえてこない

カテゴリ:海外日本人

山本美智子

2016年06月14日

絶大な信頼を得る"モンチ"。清武獲得は、彼の個人的な賭けだ。

セビージャは清武との契約期間を4年と発表。メディカルチェック後に正式にサインされる。(C)Getty Images

画像を見る

 スペインリーグ1部のセビージャが、日本代表MFの清武弘嗣を獲得したと発表した。クラブによれば、メディカルチェックが済んだ後、4年契約にサインされるとのことだ。セビージャにとっては、指宿洋史に継ぐ2番目の日本人選手獲得になる。
 
 今回の清武の獲得は、”モンチ”の通称で知られているセビージャのスポーツディレクター(強化担当)、ラモン・ロドリゲス・ベルデホの個人的な賭けだと言われている。
 
 そのため、地元からは清武が「セビージャにフィットするのか?」「清武の実力のほどは?」などといった、獲得に対する疑問の声はまったく聞こえて来ない。これは、スペイン人が清武を知っているからではない。モンチへの信頼が絶大なものだからだ。
 
 モンチは間違いなく、スペインリーグの中で最もその実力が評価されている強化担当である。セビージャが達成した前人未到のEL3連覇なども、モンチの功労があってこそだと誰もが認めている。
 
 レアル・マドリーやバルセロナはもちろん、欧州のビッグクラブが、モンチ自身の獲得を狙って、毎年、再三のオファーを出しており、実際、5月中にはモンチが『セビージャを離れることになった』とのニュースが流れ、周囲が騒然となった。
 
 しかし、モンチ本人が、メディアの前に新獲得選手のパブロ・サラビアとともにリラックスした様子で現われただけでなく、個人のインスタグラムに「もう、これ以上できないと思う時に継続することが、他との一線を画すのだ」とのメッセージを掲載。
 
 さらに、クラブのオフィシャルラジオを通じて「私は強化担当である前に、セビジスタ(セビージャサポーター)だ」と話し、「私がセビージャを離れる時は、違約金を払って出て行くようなことはしない。常に正面から向かい合う」と、きっぱりとその噂を否定してみせた。
 
 そんなモンチを味方につけているセビージャは、育てて、あるいは、有望株を安く買って高く売るのを得意としているクラブだ。
 
 過去にはダニエウ・アウベスやイバン・ラキティッチをバルセロナへ、ジュリオ・バチスタをレアル・マドリーへ売却し、多額の利益を得た。これらの“取引”は敏腕SDの仕事の一部である。
【関連記事】
「1-7」の歴史的敗戦から進歩なし
セビージャで成功するためには? 清武に捧げる〝あのアタッカーの金言″
【ドイツ発移籍情報】清武のセビージャ移籍で古巣に恩恵。細貝の浦和復帰、宇佐美の再挑戦は…
「世界で勝つために日本代表に必要なFWは?」中村憲剛に聞いてみた
リオ五輪のオーバーエイジ選手に藤春と塩谷が内定。登録メンバー18人は7月1日発表に

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ